ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2005年7月26日(火)

 バウルーのパウリスタ神社は、パウリスタ線にある数少ない神社の一つだ。車の事故が起きないよう毎年の大祭で「参加車」にお祓いをすることで知られる。今年の大祭の奉納行事は、同地日本語学校の和太鼓チーム「無限響」の演奏だった。演芸会ではカラオケ・ダンスが披露されたが、これはさすがに「奉納」の部には入っていなかったようだ。もし奉納と銘打ったら、神社の「神様」が目を白黒させたかも。
     ◎
 今月九日付け「宝生流能楽普及訪問団」のプログラムについて、ロンドリーナの方から連絡があった。会場を「ロンドリーナ大学」と掲載したが、講演・デモンストレーションが行われるのは、セントロ地区にある劇場Cine Teatro Universitario Ouro Verde。住所はR.Maranhao 85 Centro Londrina
     ◎
 弓場農場で文化交流を行った社会福祉プロジェクト「ジョアニーニャ(てんとう虫)」の名前の由来。代表のマリカさんの母親が亡くなったとき一匹のてんとう虫が現れた。父親が亡くなったときにもてんとう虫が。「父も母もてんとう虫の姿になり何か伝えようとしてくれた」と感じた。数年後、プロジェクト名を考えるにあたって息子が提案、「てんとう虫」と名付けられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ