ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 日本のプロ野球チーム、高知ファイティングドッグス(FD)は、来年6月にサルバドール在住の伯人、アレサンドロ・フレイタス・デ・ミランダさん(16)を研修生として受け入れる。同地の貧困地域の伯人が日本の野球団に入るのは初めて。FDは、これまでにも海外の若者に夢を与える活動を続けており、“ブラジル移民の祖”水野龍の孫、水野ジョナタン正一選手等の受け入れも行なってきた。今回研修が決まった少年は、貧困地域に野球場を建てた日本人夫妻の下で野球選手を志し、現在はJICAボランティアの高江直哉さん(28、兵庫)の指導するチームに所属している。「ブラジルでプロ野球選手という夢は、叶わない夢を見ているようなもの」と思っていたが、夢への一歩を踏み出す。近い将来、バイアーノの野球選手が誕生するかも!?

                   ◎

 ジャパン・ハウス(マルセロ・アラウジョ館長)は、らーめんに関する講演会「Ramen ou Lamen?」を11日午後6時から、同館(Av Paulista, 52)で開催する。入場無料。入場券は、午後5時から受付にて配布される。高級日本食レストラン「藍染」の白石テルマシェフがモデレーターを務め、聖市でラーメン店を経営する「上々らーめん」「らーめん和」「博多一幸舎」など各店代表者が一同に集い、その事業や経験について意見を交わす。また、らーめんの語源やその歴史、日本や世界での流行最先端について語り合う。らーめん戦争が聖市で勃発するなか、熱い議論が期待できそう?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • 《ブラジル》環境省=気候変動対策費を96%凍結=ドイツとの共同事業も停止か2019年5月8日 《ブラジル》環境省=気候変動対策費を96%凍結=ドイツとの共同事業も停止か  リオ州などで繰り返される水害の原因にも地球温暖化が挙げられる中、気候変動抑制のための対策費の96%が支出削減の対象となっている事がわかったと7日付エスタード紙が報じた。  環境省関連予算中、気候変動対策費は1180万レアルだが、連邦政府による支出削減提唱後に削減され […]
  • 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に2019年2月13日 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に  ファッション雑誌「ヴォーグ」のブラジル版編集長が、19世紀の奴隷制時代の女帝を想像させる衣装を着た写真をSNSに掲載したことで物議を醸した。  これは同誌編集長ドナタ・メイレレス氏が50歳の誕生日を祝う企画として、8日に自分のインスタグラムにあげたものだった。  これはバ […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]