ホーム | 日系社会ニュース | 28日、将棋名人戦=参加者増はかりたい

28日、将棋名人戦=参加者増はかりたい

2005年8月16日(火)

 第五十八回ブラジル将棋名人戦大会が二十八日午前九時三十分から、サンパウロ市ガルボン・ブエノ街19番三階の同連盟会館で開かれる。ブラジル将棋連盟(中田定和会長)の主催。初・段外、二段、三段、四段、名人(四・五段)のほか、親睦戦A(四~六段)とB(三段以下)が計画されている。受付開始は午前七時三十分から。一般三十レアル、八十歳以上二十レアル、十五歳未満無料。
 今年十月日本で実施される第三回世界将棋フォーラムに参加する玉城さん(五段)、中野さん(三段)、中谷さん(初段)が紹介される。案内に来社した中田会長と斉藤広総務は「参加者数は減少する傾向を見せており、主催者として何とか歯止めをかけるべく、対策に苦慮しておりますが、一人でも多くの参加を期待しています」と来場を呼びかけていた。
 問い合わせ電話番号=11・3209・7687。

image_print

こちらの記事もどうぞ