ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 広がる超安値長期月賦=1レアル10回払いなど=競合激化で大手業者も採用

こちらの記事もどうぞ

  • ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩2020年2月20日 ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩 ボサノーヴァ創世記に飲み歩いた音楽仲間たち  ブラジルの有名な奇人ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトが昨年7月6日88歳で他界したニュースは、世界中の多くのマスコミで「ボサノーヴァの創始者」として大きく扱われました。中には「ブラジル音楽を改新して世界へ広めた功績 […]
  • ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選2016年7月22日 ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 土手すべり落ちしは太き穴まどい棉摘み賃ピンガ呑むなと払いやる曳いて来し蜘蛛置いて穴掘る地蜂蟇を呑む蛇の口元蠅たかり露寒し削がれし耳の又疼く木菟鳴くや酒気なければ物不言ず […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇(850)=星野瞳 選2015年8月6日 ニッケイ俳壇(850)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 気まぐれな雨が降っては冴へ返る屈託もなき髙笑い夜なべ子等サンジョンの焚火にちらと見しは彼ダムの水深く映りて凍てし星確実に老化は進み秋も逝く【一九十五年生れの、確実に百才を迎えられた作者・稚鴎さんには、老化など露見られぬ。どうか […]
  • 焚火祭はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)のことで、田舎風に装った若い人たちが集まり、大きな焚き火を囲み、大鍋でピンガに香料や砂糖を入れて煮るケントンを呑み、歌い踊ったりする。2015年7月13日 ニッケイ俳壇(846)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 迷い入れし冥土の如く寒夕焼枯れるもの枯れ麻州野は夕焼けて風止みしこの静けさも夜の秋珈琲園耳の短い兎住む鋤焼きの最後は餅を入れて食ふ【一九一五年十月三日生れで、この十月で百才になられる。一字も正しく書いて下さる。字がまともに書け […]