ホーム | 日系社会ニュース | 「まるで油絵のよう」=独特の味わい和紙絵展

「まるで油絵のよう」=独特の味わい和紙絵展

2005年10月26日(水)

 渡辺ハツイ和紙絵教室は二十九日(午前十時から午後六時)、三十日(午前九時から午後五時)の二日間、ブラジル日本文化協会貴賓室で和紙絵展を開催する。今まではコチア、ピラチニンガなどでも展示会をしてきたが、文協での開催は今回で四回目。約五十の作品が出展される。
 渡辺さんは九〇年から九二年まで日本で、日本和紙絵画芸術協会の佐藤香石副会長から指導を受けた。「ブラジルから来たということでみっちり教えられた。論文まで書いて教師の資格を取った」。ブラジルから行って同資格を取得し、教え始めたのは渡辺さんが最初だという。
 和紙絵とは、色のついた和紙を薄く重ねて貼り付けることで、繊細な色を表現する独特の絵画技法だ。帰国後、教室を開き展覧会を始めた。材料は全て日本から取り寄せている。色付きの和紙は値段が高くなるので白を取り寄せ、こちらで着色もしている。
 「和紙絵は一見、ちぎり絵のようだがそうではない。まるで油絵のようだと良く言われます」と話す。大きな作品だと一年がかりで描くこともあるそう。「見てみないとわからない。ぜひ来てください」とアピールしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民史料館と日本館支援=ネット募金を日本で開始=KYODAI一肌脱ぐ2020年9月30日 移民史料館と日本館支援=ネット募金を日本で開始=KYODAI一肌脱ぐ  新型コロナウイルスの影響によって運営難に陥ったブラジル日本移民史料館と日本館の維持管理費を捻出するため、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が『アミーゴキャンペーン』と題したブラジル国内向けクラウドファンディングを8月末まで実施していた。この程、KYODAIグル […]
  • 東西南北2018年5月12日 東西南北  13日は母の日で、刑務所の受刑者の一部には一時的な出所が認められる。まだ10代だった2002年に両親の計画殺害を行ったスザーネ・フォン・リクトフェン受刑囚も、10日にサンパウロ州トレメンベーの刑務所を仮出所となり、一般人の恋人と共に刑務所を後にする姿が見られた。スザーネ氏は3 […]
  • 和牛ブランド確立へ=見た目よりも味で勝負=見本市で注目集める=ブラジルには約一万頭2003年6月14日 和牛ブランド確立へ=見た目よりも味で勝負=見本市で注目集める=ブラジルには約一万頭 6月14日(土) […]
  • ほぼ10カ月ぶりのドル安=6営業日連続の続落で=米国利上げ見送りが主因2016年6月10日 ほぼ10カ月ぶりのドル安=6営業日連続の続落で=米国利上げ見送りが主因  8日のレアル/ドル相場は6日連続のドル安となり、前日比マイナス2・28%の1ドル3・368レアルを記録した。これは昨年7月29日以来の低水準で、一日の下げ幅としても今年4月11日に記録したマイナス2・76%に次ぐものだったと9日付伯字各紙が報じた。 ドルはレアルに対し、6営業 […]
  • セントラル相撲沸く=男子20歳以上、青山勝つ2006年5月10日 セントラル相撲沸く=男子20歳以上、青山勝つ 2006年5月10日(水)  セントラル線相撲大会が、四月三十日午前八時から、サレゾポリスの曙文化体育協会会館内で行われた。天気は快晴。五百人近くの観客が集まり、大きな盛り上がりを見せた。 […]