ホーム | 日系社会ニュース | 後継者と事業継承問題=河野コンサル代表が講演

後継者と事業継承問題=河野コンサル代表が講演

ニッケイ新聞 2010年10月2日付け

 日本で唯一の事業継承に特化した専門コンサルティング会社、河野コンサルの河野一良(本社=大阪市)代表取締役社長が来伯し、6日午後6時から講演会「後継者と事業継承問題」を行う。汎アメリカン日系人協会ブラジル支部、盛和塾ブラジル、ブラジル日本商工会議所の異業種交流委員会による、初めての3団体共催。日本語のみで参加費15レアル。
 河野氏は1946年に大分で生まれ、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行し、34年間同行一筋。そこで事業継承問題を専門に扱い、4千社以上のコンサルタントを行ってきた。その経験を元に退職後、00年に現コンサルを設立した。大阪本社以外に、東京や名古屋、福岡、上海に事務所がある。
 河野代表が、汎米日系人協会伯国支部の矢野敬崇会長の郷里・大分の幼友達だったことから話が進み、今回の来伯となった。矢野会長は「ちょっとない機会。ぜひ一般の方にも来て欲しい」と呼びかける。
 和田亮異業種交流委員長も「駐在員社会にも参考になると思いますし、子供に継がせようと思っている、こちらのコロニアの企業代表者にも役に立つ話ではないかと思います」と薦め、桟潔盛和塾理事も「進出企業、コロニア共通の関心事項です。ぜひご参加を」とのべた。
 場所はブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva, 45, Vila Mariana、メトロのアナ・ローザ駅近く)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本祭り文芸コーナー=俳句・短歌コンクール=結果発表、15人が入賞2011年10月1日 日本祭り文芸コーナー=俳句・短歌コンクール=結果発表、15人が入賞 ニッケイ新聞 2011年10月1日付け  今年7月にあった県連日本祭りの文芸コーナーで「ブラジル日系文学」(武本憲二会長)が主催した『第7回俳句・短歌コンクール』の選考結果が発表された。 […]
  • 日本祭り文芸15人入賞=俳句短歌コンクール結果2012年10月30日 日本祭り文芸15人入賞=俳句短歌コンクール結果 ニッケイ新聞 2012年10月30日付け  今年7月に行われた県連日本祭りの文芸コーナーで、「ブラジル日系文学」(武本憲二会長)が主催した俳句、短歌、俳諧のコンクールの選考結果が発表された。 […]
  • 12月に日語能力試験=締め切り9月2日まで2017年7月28日 12月に日語能力試験=締め切り9月2日まで  ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)が『日本語能力試験』の受験者を募っている。申し込み締め切りは9月2日。  試験日は12月3日で受験料は1級180レ、2級150レ、3級140レ、4級130レ、5級が120レ。  次の団体で願書配布、受付を行っている。同センター […]
  • 3都で「漢検」実施=申し込み締切りは26日2008年9月4日 3都で「漢検」実施=申し込み締切りは26日 ニッケイ新聞 2008年9月4日付け  財団法人日本漢字能力検定協会(本部・京都=大久保昇理事長)が実施する漢字能力の検定試験「漢検」が十月二十六日午前十時から聖市とリオ市、クリチーバ市の三都でおこなわれる。申し込み締切りは二十六日まで。 […]
  • ブラジル日本語センター=ボランティアを募集2012年12月8日 ブラジル日本語センター=ボランティアを募集 ニッケイ新聞 2012年12月8日付け  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が、研修やイベント等の運営ボランティアスタッフを募集している。 […]