ホーム | 日系社会ニュース | 今年も「希望の家」支援=歌好き集め歌謡祭を

今年も「希望の家」支援=歌好き集め歌謡祭を

2005年11月8日(火)

 希望の家支援歌謡祭実行委員会(北川彰久代表)は、十三日午前八時から、イタクアケセツーバ希望の家園内で「第六回希望の家支援歌謡祭」を開催する。
 「大好きな歌を通じて福祉の手伝いをしよう」と始まった同歌謡祭。当日は約三十のカテゴリーに分かれて、それぞれが好きな歌を披露する。北川代表は「歌好きの方にこの事業を浸透させていきたい。また、希望の家の活動状況を知ってもらって資金面で援助していきたい」と話している。集まった資金は全額寄付される。
 ビンゴ大会も併せて開催されるので、参加者は日常雑貨か腐らない食糧を一品持ってきてください、とのこと。
 また、当日は、リベルダーデ広場から午前七時出発で送迎バスが出る。参加費は十五レアル。十二歳までの子どもは無料。問い合わせ電話は11・2275・8277まで(実行委員会本部)。

image_print

こちらの記事もどうぞ