ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 どこまでが日系人なのか――。広島の幼児殺害事件のペルー人に関して、日系人であるかどうかが、やけに熱心に取り沙汰されていて気になった▼どこを基準にするかで○世という言い方は決まる。日系二世は親が日本生れで、子どもがブラジルの場合。現在増えているのは、日本生まれの在日〃二世〃(日系ブラジル人としては三世や四世)だ。在日二世と表記した場合、出稼ぎではなく、移住者としての扱いだ▼仮に、在日二世(日系四世)が日本で育ったら、国籍こそブラジルだが、実態としては日本人に先祖帰りするようなものだと思う。特に純血だった場合、曽祖父が日本から来て、祖父と父の二代はブラジルで過ごしたが、四代目にして再び日本へ戻った格好だ▼たった二代しか経なかったブラジル時代ゆえに、四世をガイジンとしての突き放すのか。それとも、曽祖父以前に日本民族として過ごした数十世代、何百~数千年の歴史を尊重し、日本人に戻ったと認識するのか▼日系四世であると同時に、日本民族としては何十世でもあるわけだ。先祖帰りしたと認識するなら、日本で育つ彼らに日本語を母語として教育してなんら差し支えない▼ドイツでは一九五〇年ごろ、何世紀も前に東欧へ移住した約四百万人の人々が引揚げるのを受け入れた。だが、彼らの数は在外国人統計に含まれていない。日本人の「民族意識」を冷静に議論するよい機会かもしれない▼日本国内で起きている「先祖帰り」をどう認識するか。〃日系人〃という言葉の周辺で起きている様々な事象も踏まえた上で議論を深めてほしい。   (深)

05/12/15

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日伯関係の大変化を予感させた夜2017年7月25日 日伯関係の大変化を予感させた夜  下地幹郎衆議院議員(日本維新の会)による四世ビザ説明会からの帰り道、「日伯関係の大変化を予感させる一晩だった」としみじみ感じた。別室での記者会見で下地衆議に「票にもならない日系人のことを、どうしてそんなに一生懸命やってくれるのか?」と単刀直入に聞いたのに対し、思いもか […]
  • 日系3選手がピッチで躍動!=フットサル国際大会で日伯戦=ブラジルが7対2と完勝2013年10月24日 日系3選手がピッチで躍動!=フットサル国際大会で日伯戦=ブラジルが7対2と完勝 ニッケイ新聞 2013年10月24日  【マリンガ発=酒井大二郎記者】ブラジルフットサル連盟の招待で8チームが参加し、22日からマリンガ市の体育館で始まった国際フットサル大会『グランプリ・デ・フットサル2013』の初日、日伯の代表チームの対戦が実現した。帰化選手を含め、両チーム […]
  • ブラジル文学に登場する日系人像を探る 7…東洋街生まれの「フジエ」…中田 みちよ=第1回=意思表示する戦後日系女性2013年5月21日 ブラジル文学に登場する日系人像を探る 7…東洋街生まれの「フジエ」…中田 みちよ=第1回=意思表示する戦後日系女性 ニッケイ新聞 2013年5月21日  「フジエ」では、日系人を親友にもったガイジンの目を通して、戦後の日系社会を垣間見ることができます。柔道、邦画館、そして写真館。これまでものすごく無愛想か、でなければニコニコ笑ってばかりいた日系娘が、この小説では意思表示をするようになり、それ […]
  • コラム オーリャ!2007年11月23日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年11月23日付け  最近、日本人の子供に会った。目線を合わせ挨拶したが、ものの見事に無視された。  知らない人と話さないよう親から言われているのか、恥ずかしがりやなのか。記者の人相が悪いせいかも知れない。 […]
  • コラム 樹海2006年2月17日 コラム 樹海 […]