ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2006年1月5日(木)

 援協は公益福祉団体登録を更新するため、今年末まで必要書類をそろえて、連邦政府に提出しなければならない。福祉を隠れ蓑にした団体が少なくないため、審査はかなり厳しいといわれる。援協は所得税などの免税額が数十万レアルに達することから、死活問題だ。三年前と同様、コンサルタントに手続きを代行してもらうことになりそう。
     ◎
 ブラジルの動植物を研究する日系人らのグループで昨年創立五十五周年を迎えた「博物研究会」(本部・サンパウロ市イタケーラ区、越村建治会長)の会誌が充実している。日ポ両語の八ページ立て。昨年十二月刊行の最新号には、植物学者で同会顧問の橋本梧郎さんが「興味あるブラジルの樹 アレクリン」と「ギアナ高原の植物管見」を寄稿。その他、自然染色研究家川上久子さんの「アフリカ草木染教室」や、「ステビア雑学」など盛りだくさん。リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街203のガルボン・ブエノ薬局で無料配布されている。
     ◎
 デカセギは減るか―。杉浦法務大臣は先月二十七日に、法務省内に外国人受け入れに関する検討チームを設置すると発表した。日本は人口減少という厳しい現実に直面しているが、外国人犯罪の多発という負の側面が強いだけに、多国籍労働者受け入れに関する議論は複雑だ。現在は、文化活動に携わる職業や医療関係者など二十七の分野に限られているが、同チームでは同分野以外での受け入れの是非を検討していく。あたり前だが、この場合の外国人は日系人ではない。特殊技能を持つ、優秀な外国人だ。犯罪ばかり起す日系人よりマシってことか。
     ◎
 十七日で、阪神淡路大震災発生から十一年。当時、出稼ぎ、留学、研修、仕事などで被災地に滞在していた方、または、肉親を同震災で亡くした遺族で取材に協力していただける方を探しています。電話11・3208・3977(報道部・南部)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ブラジルの良さ伝えたい」=日本育ちの三世が動画配信=パンデミック機に仲間と一緒に2021年1月6日 「ブラジルの良さ伝えたい」=日本育ちの三世が動画配信=パンデミック機に仲間と一緒に  「4年間住んでいて気づかなかったブラジルの良さを再確認するきっかけに」――コロナ禍をきっかけに日本の友達と共にユーチューブへの動画配信を始めた城間クリスチーナさゆりさん(三世、28歳)はそう始めた動機を語った。友だちと始めたユーチューブ「A女チャンネル」では「ブラジル […]
  • 『平成学院・天野重知』新校舎が完成=総額750万レアル投資=乳幼児教育の新入生募集2020年12月29日 『平成学院・天野重知』新校舎が完成=総額750万レアル投資=乳幼児教育の新入生募集  サンパウロ市に『平成学院・天野重知』新校舎が完成した。総建設費750万レアル超。天野重知(しげのり=故人)は同校を経営する天野鉄人(てつひと)理事長の父。北富士演習場の入会(いりあい)権をめぐる「忍草(おぼくさ)の闘い」を、むしろ旗を掲げて指揮した闘将だ。名だたる社会 […]
  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • 《記者コラム》ブラジル式遺言の書き方2020年12月8日 《記者コラム》ブラジル式遺言の書き方  「遺言を残したいが、どうやるのか分からない」――そんな質問が編集部に寄せられた。漠然とそんな不安を抱えている人は多い。そもそもブラジルの場合、どんな場合に遺言が必要なのか。遺言を残さないで亡くなると、どんな遺産配分になるのか。独り身の場合は遺産はどうなるのか。その辺を […]
  • 文協が65周年記念式典=12日にオンライン開催2020年12月5日 文協が65周年記念式典=12日にオンライン開催  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は12日(土)午後5時からユーチューブ上(www.youtube.com/BunkyoDigital)で65周年記念式典を予定している。本来5日に予定していたが、新型コロナウイルス感染の再拡大を受けオンラインに切り替えた。  12日 […]