ホーム | 連載 | 2006年 | ブラジル雑語ノート「和泉雅之・編」の”順不同”事典 | ブラジル雑語ノート――「和泉雅之・編」の〃順不同〃事典――=連載(1)=セレナッタ=彼女のハートを射止める即興歌

ブラジル雑語ノート――「和泉雅之・編」の〃順不同〃事典――=連載(1)=セレナッタ=彼女のハートを射止める即興歌

2006年1月12日(木)

 和泉雅之さんが「ブラジル雑語ノート」を書いている。わたしたちが日常日本語のなかに、ごく普通のように交え、その意味についてなんら疑わないポ語単語がたくさんある。ところが、それが案外正しくない。和泉さんのノートを読めば、楽しくそのことばの来歴、意味、周辺を知ることができる。以下、ノートのなかのいくつかを紹介する。
 ポルトガル語のセレナッタ (Serenata) は、イタリア語のセレナッタ (Serenata) に由来する。イタリア語で、セラ (Sera) は「夕方、夜」という意味。類似語のセラタ (Serata) は、日没から就寝までの時間をいう。この時間帯(よく晴れた月夜)に、若い男が、いとしい娘の家へいく。彼女の寝室とおぼしき部屋の窓をあおぎ、ギターを奏でながら恋歌を歌う。その歌をセレナッタといい、十七世紀のヴェニスでは、ゴンドラの専属歌手がよく歌ったので、曲がパターン化した。日本では、小夜曲(夜の初めころに歌う歌)と訳されているが、セレナードというフランス語もよく使われる。
 二十一世紀の今日、窓下で恋歌を歌う若者は、イタリアにもフランスにもいない。ブラジルの場合、一九七〇年代前半までは、地方の小さな町で、ときおり聞くことがあった。歌うにあたり、ギターも重要な小道具とされる。ギターは、十四世紀から十五世紀にかけて、アラビア系弦楽器とラテン系の竪琴を元に、スペインで改良された二弦または四弦の楽器。スペインギターと呼ばれる。
 若い男がギターを奏でつつ、その場で作詞作曲した即興歌を歌う。歌詞がいかに熱烈で、曲がいかに感動的で、声がいかにすばらしいか。聞き手はこれらの点を審査する。聴衆は、めざす娘だけではない。就寝前の時間帯であるから、家族全員が聞いている。もちろん、隣近所の家でも聞き耳をたてる。歌声が聞こえてくると、だれが歌っているのか、娘にはすぐにわかる。そこで、家族との団らんから抜け出し、自室(たいがい街路に面した二階の一室)へこもる。居間で聞いている両親は、その若者がだれであるのかわからない。しかし、家の窓下で歌うからには、娘に恋をしていることだけは理解できる。歌い手の身元がわかっていれば、交際を許すかどうか即決する。許さないなら、父親が外へでて、若者を追い払う。相手がだれなのか、すぐにわからなければ、そのまま歌をきく。
 歌がうまければ、父親は母親に、「おい、あの若者にお茶(ブラジルではコーヒー)をふるまってやれ」と命じる。母親は戸を開け、若者を招じ入れる。家に入るというのは、「交際許可の可能性」があることを意味する。その夜、父親は若者とうち解けて話す。ただし、肝心の娘は、部屋にこもったきり居間にはおりてこない。対話をつうじて、父親が「この若者はしっかりしている」と判断したなら、交際は許可される。話が下手だったり、話の内容が低劣なら、「出ていけ」とばかりに追い出される。したがって、セレナッタの成否を決める第一関門は、声がよく歌がうまいこと。第二関門は、家のなかへ入れてもらえるかどうか。第三関門は、父親が気にいってくれるかどうか。娘の意思とは関係なく、三つの試験に合格したなら、めざす娘と交際できる。ただし、交際がはじまるのは、翌日の昼間。あらためて若者が訪問したとき、両親が立ち会い、娘との顔合わせがおこなわれる。
 これら、一連の手続き(行為と儀式)をセレナッタといい、十八世紀から十九世紀のヨーロッパで流行した。ブラジルでも二十世紀半ばまでは、この習慣があり、貴族制度の廃止による社会規範の変化とともにすたれた。他方では、男女の出会いと交際について、ジャルジン (Jardim) と呼ばれる新たな方式が導入され、封建社会の厳しい戒律がゆるんだことも、大きな理由とされる。とくに、第二次世界大戦後、アメリカの思想と風潮がブラジルへ持ちこまれ、サン・パウロやリオ・デ・ジャネイロのような大都市では、わずか十年くらいの間にアメリカナイズされた。恋愛の自由が謳歌されるようになると、セレナッタの意義が失われ、今では完全に忘れられてしまった。【文=和泉雅之】

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2012年1月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年1月28日付け […]
  • 日系人が環境問題著作=壮大なスケールのSF小説2004年1月16日 日系人が環境問題著作=壮大なスケールのSF小説 1月16日(金)  日系人によるSF小説が刊行された。ノンフィクションや論文、評論には珍しくないが、SF小説(ポ語)とは稀だ。その名も『Fim da Fome no Mundo… Sera […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]