ホーム | コーヒー 関連記事

コーヒー 関連記事

トレンディ・ツーリズモ=鉄道の街へ観光ツアー

 旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は、パラナピアカーバへの観光ツアーを14日に開催する。  パラナピアカーバは、19世紀に聖市・サントス間のコーヒー豆輸送で活躍した登山鉄道とともに栄えた「鉄道の町」。英国風の町並みから「イギリス村」とも呼ばれ、現在も鉄道技術に関する博物館を中心に、観光地として知られている。  今 ...

続きを読む »

《南米南部共同市場》EFTAとも自由貿易協定=大豆などは即座に関税ゼロ

 アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインが加盟する欧州自由貿易連合(EFTA)と南米南部共同市場(メルコスル)が23日、自由貿易協定を結ぶことで合意に達したと、23、24日付ブラジル各紙・サイトが報じている。  ブラジル経済省、貿易特別局のマルコス・トロイージョ局長は23日、「合意内容はかなり包括的で、関税引き下げ ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(140)

 山本は1920年代、三菱企業がつくった東山農場の専務だった。蜂谷は初期の移民で当時は日本品の輸入業者だった。宮腰は1937年、日本政府の移民及び拓殖を促進する海外興業株式会社(KKKK)の社長として渡伯した。山下はコチア産業組合の重要な地位にあった。  このグループが特に強調したのは、布告書の序文にある次の箇所だった。 「移住 ...

続きを読む »

経済発展の原動力描く「移民のブラジル」

 米国の衛星放送及びケーブルテレビの番組供給会社「ヒストリー(History、歴史)」は、ブラジル独自に新シリーズ「Brasil de Imigrantes(移民のブラジル)」を製作し、8月6日夜に聖市のユダヤ文化センター(UNIBES)で主要登場人物を集めた記念イベントを行った。  同企画には50社の候補が挙げられ、最終的に残 ...

続きを読む »

《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い

 一向に解決の兆しを見えないベネズエラの深刻な政治危機、経済危機による難民流入が発生しているブラジル最北のロライマ州で、ユニセフと非政府団体のヴィザン・ムンディアルが共同運営するスポーツ学校が、サッカー、バレーボール、チェスなどのクラスを開催し、5歳から17歳までのベネズエラ人の子供や青少年がブラジル人と親睦の機会を持ち、ブラジ ...

続きを読む »

アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(6)

▼アマゾン地方と日本人とのつながり  ところで、日本人移民が入植するまでアマゾン地方に日本人は誰も居住していなかったのだろうか?  実は、1929年第1回アマゾン日本移民が入植した年には、同地方にすでに150名ほどの日本人達が居住していた記録が残っている。  これらの多くは「ペルー下り」の人たちであった。ペルー下りとは、ペルー国 ...

続きを読む »

岐阜農業高校生が来伯研修=日系農家と交流、見聞広める

 岐阜県内の農業高校、農業系学科の生徒10人、引率の教員2人からなる「令和元年度農業高校生海外実習派遣団」が7月27日に来伯した。  同派遣事業は海外の農家や農業高校生との交流、農業体験を通じて、国際的な広い視点で農業や流通、環境保全事業について学ぶことを目的とする。今回は岐阜県内の6高校(恵那農業、大垣養老、加茂農林、岐阜農林 ...

続きを読む »

花の歌謡祭=コロニア歌手が彩る豪華ステージ=令和祝い、昭和・平成の名曲次々に=北川さん、野口総領事も熱唱

 コロニア歌手総出演の豪華なステージ――ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(Instituto NAK do Brasil=INB、北川ジューリア好美会長)、藤瀬圭子プロダクションは共催で「花の歌謡祭」を4日、ブラジル日本文化福祉協会ビルの大講堂で開催した。厳しい寒さと雨を吹き飛ばすように約千人が来場し、令和最初の歌謡祭に観客は大喝 ...

続きを読む »

大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア

10日付エスタード紙A2面のトップ寄稿「サンパウロと中国、有望な歴史」とB11面のファーウェイ新工場建設発表記事  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパ ...

続きを読む »

《ブラジル》農産物の生産量で新記録?=穀物や油糧種子の収量予測発表

生産量の記録更新が期待される農産物(Marcelo Camargo/Agência Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)が8日、今年の穀物、マメ科植物、油糧種子の収量は、史上最高の2億3970万トンとなる見込みだと発表した。  この予想は、6月に発表された予想収量を1・6%上回る。これまでの収量の最高は、2017年に ...

続きを読む »