ホーム | コーヒー 関連記事

コーヒー 関連記事

《サンパウロ州》先住民がバンデイランテス道を封鎖=保護区制定基準変更や新環境相人事に抗議

高速道路を封鎖して抗議する先住民達(25日付G1サイトの記事の一部)  25日朝、サンパウロ州の幹線道路の一つであるバンデイランテス道21キロ付近で、先住民達が道路を封鎖しての抗議行動を行ったと同日付G1サイトなどが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔

 6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レナト石川文協会長とリジア山下館長からいろいろなお話を伺いました ...

続きを読む »

《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる

 立ち上げから3年のスタートアップ「カフェネ・インノヴァ(Cafene Innova)」が150万レアルを投じて開発した「固形コーヒー」(café sólido)が好評だ。昨年4月の発売以降、既に100万箱以上が売れたと13日付G1など複数のサイトが報じている。  ミナス・ジェライス州とサンパウロ州で栽培、厳選したアラビカ種の豆 ...

続きを読む »

特別寄稿=日中戦争とブラジル移民=亡き父の移住の夢果たす=聖州アチバイア在住 中沢宏一

 北海道稚内の弟から親父敬助が昭和12 (1937)年、二度目の召集を受け、気仙沼駅での出征記念写真が送られてきました。  私が初めて見る写真で、甲種合格と胸を張っていた父の軍服での勇姿は堂々としているが、いつも明るかった母かねよの顔は厳しく悲痛な表情で、その時の立場を物語っている。  それは長女12歳から娘4人、男子1人の子供 ...

続きを読む »

安慶名栄子著『篤成』(25)

 若者の間ではあのハボ・デ・ガーロが流行っていたにもかかわらず、彼らはいつもコーヒーだけを飲み、あの面白い、陽気なプログラムの演出に向かうのでした。あの頃から実に風変わりな方達だったのを覚えています。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信し ...

続きを読む »

《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂

「コロニア消滅論」を越えて 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア( ...

続きを読む »

東京カフェショー9日から=ブラジル・パビリオン出展

パピリオン・ガイドブックの表紙

 【東京発】6月9日(水)~12日(金)まで東京ビックサイトで開催される、カフェレスジャパン実行委員会主催の「第9回東京カフェショー」に、今年も「ブラジル・パビリオン」が出展される。  同パビリオンは、在日ブラジル大使館とブラジリアン・ビジネス・グループ(BBG)が中心になってブラジル銀行が後援した。同大使館から450万円の援助 ...

続きを読む »

《ブラジル》インターネットが農業に寄与?=光ファイバー~5Gで諸計画

研究結果を発表するテレーザ・クリスチーナ農相とファビオ・ファリア通信相(Carlos Silva/Mapa)  農務相と通信省が19日、農地にインターネットを導入すると26年までの総生産量・産出額(生産グロス価格、VBT)が最大1千億レアル増えるという、サンパウロ総合大学傘下のルイス・デ・ケイロス農業大学の研究結果を発表したと同 ...

続きを読む »

特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《4》

◎サンパウロ綿作の衰退 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  サンパウロ州の綿花生産は1944年の45万5千トンをピー ...

続きを読む »

■訃報■「カオリン王」堀井文夫=大功労者、コロナ禍に斃れる

2013年12月、80歳誕生日の際の堀井さん

 「カオリン王」堀井文夫さんが16日午後5時30分、サンパウロ市のシリオ・リバネス病院で亡くなった。行年87歳。堀井さんは新型コロナウイルスに感染し、4月1日に入院治療を受け、一週間後には病状が快復に向かい退院すると期待されたが、高齢のために衰弱が進み亡くなったと見られる。  モジ・ダス・クルーゼス(以下、モジ)本派本願寺の清水 ...

続きを読む »