ホーム | 日系社会ニュース | 日系団体も選挙の年=主要3団体が役員改選へ

日系団体も選挙の年=主要3団体が役員改選へ

2006年1月13日(金)

 二〇〇八年の祭典協会会長は――。日本移民百周年まであと二年と迫った今年、ブラジル日本移民百周年祭典協会(上原幸啓会長)が役員改選期を迎える。任期は三年。ここで選出される会長が百年祭を担うことになる。また今年は、ブラジル日本都道府県人会連合会(中沢宏一会長)とブラジル日本語センター(谷広海理事長)も会長選挙の年。中でも県連は、改選に先立って会長の三選を可能にする定款改正が議題に上る見通しで、今後の経過が注目される。

現時点では上原氏続投か
□百周年協会

 祭典協会では〇三年九月の協会発足時にブラジル日本文化協会を会長団体に選出。当時の文協会長である上原幸啓氏が会長に就任した。協会の定款によれば、四月の通常総会で役員を選出する規定になっている。
 シャッパの人数は会長をはじめ十人。会員団体であれば立候補の資格があるが、最低十人の推薦が必要とされる。総会の十日前にシャッパ提出を締め切り、会員団体による投票で新役員を選出する仕組みだ。
 総会は四月二十九日に開催される見通し。シャッパの締め切りは四月十九日という日程になりそうだ。協会では今後、選挙に関する事前説明会を開催する予定という。
 役員の任期は三年。今年選出された会長が実質的に百周年の舵を取ることになるだけに、今選挙が持つ意味は大きい。
 上原会長は現時点で出馬に関する意思表明を行なっていないが、このまま対抗シャッパが出なければ上原氏続投の可能性が高まってくる。残り三カ月に迫った現在、他の候補を含み選挙に向けた動きは見られない。

会員投票、現職谷氏出馬へ
□日本語センター

 一方、百周年祭典協会の加盟団体であるブラジル日本語センターでは、三月十八日の定期総会で役員改選が行なわれる。
 同センターでは今月一杯、最低五十三人からなるシャッパを受け付け、約六百人の会員による直接選挙で新役員を選出する。
 今年選出されれば三選目となる谷理事長は、周囲から「せっかく始めたデカセギ日本語講座や日伯大学などの事業をやり遂げてほしい」と谷氏を推す声があることを明かした上で、出馬の意向を示した。
 昨年四月の文協会長選挙で上原現会長と競り合った谷氏。百周年祭典協会会長選挙への去就も気になるところだが、記者の質問に対し現時点では出馬の意思を見せなかった。

中沢氏3選 定款が「障害」
□県連

 三団体の中でも曲折が予想されるのが、ブラジル日本都道府県人会連合会の会長選挙だ。現在二期目の中沢宏一会長。現行の定款が会長三選を認めていないことから、会長「続投」には定款を改正する必要があるためだ。
 すでに執行部からは、昨年十月の代表者会議で、会長再選、会員規定などに関する定款改正案が示されている。しかし、昨年の第八回フェスティバル・ド・ジャポンの会計報告をめぐる議論が続いており、改正案の審議には入っていない。
 県連の定期総会は三月下旬に開催される予定。それまでの代表者会議で案を審議して、承認されれば臨時総会という手順を踏むことになる。祭典協会の副会長団体である県連の会長選。予断を許さない状況はまだ続きそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民百周年記念協会=記念事業は盛り沢山2006年1月1日 移民百周年記念協会=記念事業は盛り沢山 1月1日(日) ■まだ構想段階の計画も=アニェンビーで記念式典 […]
  • 神戸=日伯協会が80周年=28日に記念セレモニー=「国立海外日系人会館」実現を2006年10月28日 神戸=日伯協会が80周年=28日に記念セレモニー=「国立海外日系人会館」実現を 2006年10月28日付け  外務省最古の外郭財団法人の一つ、日伯協会(本部=兵庫県神戸市)が今年八十周年を迎えるにあたり、本日二十八日、移民船が出航したメリケンパークにある海洋博物館で記念セレモニーが招待客約二百人を集めて行われる。 […]
  • 2007年12月12日 天皇誕生日、盛大に祝う=サンパウロ市=百周年への決意新たに=文協、総領事公邸で ニッケイ新聞 2007年12月12日付け  「陛下のご健康と皇室の弥栄を」―――。今月二十三日で七十四歳の誕生日をお迎えになる天皇陛下の祝賀会が十一日午前十時から文協貴賓室で、正午から在聖総領事公邸で盛大に行なわれた。ブラジル日本移民百周年を迎える来年六月、皇太子殿下がご […]
  • 2007年12月29日 ニッケイ新聞編集部が選んだ=2007年コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2007年12月29日付け  「猪突猛進」の勢いで始まった二〇〇七年も暮れようとしている。「百周年への仕上げの年」と位置付けられた今年、国内各地で来年に向けた準備が急ピッチで進んだ。現在、かつてないほどの記念事業が進行しているが、サンパウロはもう一つ元気がな […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]