ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 来月、二月十六日にいよいよ神戸空港が開港する。展望ウッドデッキには、ブラジル国花「イッペー」の木を使用。神戸港から約二十五万人を送り出したブラジル日本移民の歴史にちなんだものだ。「移民の歴史に思いをはせてもらおう」と神戸の材木商と同地から移住した材木商が協力した。戦前、移民収容所があった神戸ならではの発想だ。
 昨年十二月、兵庫県のまとめでは県内の外国人が、初めて十万人を超えた。震災後いったん減少したが、ブラジル人を中心に増加傾向が続いているそうだし、出稼ぎも参加できるブラジルのイベントなどもこの空港でできたらいい。
 また、移民のことを知ってもらう機会にも利用できるかもしれない。建設反対の声が絶えなかったが、神戸に空港を開港した価値を高めていってほしい。            (南)








  06/01/14

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海2014年11月8日 樹海  数年前から記事にルビを打ち始めた。移民世代が減り、共に購読者も―というのが従来の認識だったわけだが、準二世や二世の人で漢字が苦手なだけで日本語を読むのは基本的に支障がない人が結構多いことに気がついた。購読者が目立って増えたということはないが、時折「読みやすくなって助かる」 […]
  • コラム 樹海2007年11月9日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年11月09日付け […]
  • 東西南北2015年8月27日 東西南北  26日付アゴラ紙によると、サンパウロ市セントロで、偽造の身分証明書で連邦警察官を装っていた年金生活者が逮捕された。この男性は、3月25日通りで、違法経営が疑われる露天商に「逮捕されたくなければ金をよこせ」とゆすりをかけたため、怪しんだ露天商が通報して御用となった。この男性が持 […]
  • 「幸せの条件」の日伯の違い2014年8月14日 「幸せの条件」の日伯の違い  「幸せの条件は」と聞かれたら、千差万別の答えが返ってくるだろう。経済協力開発機構が隔年で発表する報告書「How' s […]
  • 国際交流基金=文学セミナー『日本を読む』=「MUSASHI」の後藤田さんら2011年9月16日 国際交流基金=文学セミナー『日本を読む』=「MUSASHI」の後藤田さんら ニッケイ新聞 2011年9月16日付け  国際交流基金サンパウロ日本文化センターは、日本文学セミナー「日本を読む—ブラジルにおける日本文学の普及」を24日午後3時半から、サンパウロ市のマリオ・デ・アンドラーデ図書館(R. da […]