ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄からキャラバン=5年に一度=県系人集う=世界大会のPRへ

沖縄からキャラバン=5年に一度=県系人集う=世界大会のPRへ

2006年1月24日(火)

 五年に一度、世界の沖縄県系人が集う「第四回世界のウチナーンチュ大会」が今年十月、沖縄県で開催される。開催に先立って、各国の県系人に大会参加を呼びかける県の海外キャラバン隊が今月末から南米四カ国を訪れる。サンパウロには二月三、四日の二日間滞在。四日午後三時から、沖縄県人会館で説明会と懇親会が行われる。
 世界のウチナーンチュ(〝沖縄の人〟の意)が母県で交流を深め合う、ウチナーンチュ大会。一九九〇年にはじまったこのイベントも今回で四回目を数える。
 二〇〇一年十一月に開かれた第三回大会には、世界各国から四千人あまりが参加。ブラジルからも、中南米で最多の約五百人が参加した。
 期間中は、郷土芸能祭やスポーツイベント、各国参加者によるシンポジウム、沖縄移民史の紹介展示など、各種のイベントが実施され、四日間で約二十六万人が訪れた。
 開催にあたり、沖縄県では、大会の概要を説明し参加を呼びかける海外キャラバン隊を世界各地に派遣している。南米訪問後は、五月に北米各地を訪問する予定だ。
 このたび南米を訪れるキャラバン隊は、沖縄県の松本真一・観光交流統括監を団長とする五人。一行は二十九日に開かれるペルー沖縄県人移住百周年式典にあわせてリマを訪問。サンタクルス(ボリビア)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)をまわった後、サンパウロには三、四日の二日間滞在する。
 サンパウロでの説明会は、四日午後三時からブラジル沖縄県人会館(サンパウロ市トマス・デ・リマ街72)で実施される。会場では稲嶺恵一沖縄県知事のメッセージ紹介のほか、今年の大会のプロモーションビデオ上映、懇親会などが予定されており、県人会で参加を呼びかけている。
 問い合わせは沖縄県人会(電話3106・8823)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]