ホーム | 日系社会ニュース | 歌通じ日本語学ぼう=全国キャラバン開始へ

歌通じ日本語学ぼう=全国キャラバン開始へ

2006年1月28日(土)

【既報関連】日本の若者に人気がある歌を通じて日本語を学ぼう―。国際交流基金サンパウロ日本文化センター(浦祐一代表)が主催する「カラオケ日本語学習キャラバン」ツアーが始まる。二月一日のサンパウロを皮切りにブラジリア、リオ・デ・ジャネイロ、ベレンなど主要八都市を、原則自動車で移動。各地で「歌を使った日本語授業」のデモンストレーションや人気の高いJ‐POPアーティストをDVDで紹介する。
 同案は三浦多佳史・派遣客員講師が企画。三浦講師はもちろん、アレシャンドレ・アウグスト講師、遠藤マキ・クリスティーナ講師の三人で八ヵ所をまわり、各地の生徒と交流をする。二十六日は、午後二時から五時まで文協大講堂で全国カラオケ・コンテストも行う予定だ。
 日程はサンパウロを二月一日に出発し、リオ(三日、午後三時から六時まで、Instituto Cultural Brasil-Japao)、ブラジリア(五日、午後三時から六時まで、Assoc.Estudos da Lingua Japonesa de Brasilia)、ロンドリーナ(九日、午後七時から十時まで、Alianca Cultural Brasil-Japao do Parana)、ポルト・アレグレ(十二日、午後六時から九時まで、PUC-RS Instituto de Curtura Japonesa)、ベレン(十五日、午後六時半から九時半まで、Assoc.Pan-Amazonia Nipo-Brasileira em Belem)、マナウス(十八日、午後七時から十時まで、Nipo-Brasileira da Amazonia Ocidental em Manaus)、サルバドール(二十一日、午後七時から十時まで、Federacao Cultural Nippo Brasileira da Bahia)の順にまわる。三月二十六日にはサンパウロでカラオケ・コンテスト全国大会を開く。
 問い合わせ電話は11・3208・1755(日本文化センター)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルの鳥を日本画で=「芸術の道」出展の脇坂さん2006年5月11日 ブラジルの鳥を日本画で=「芸術の道」出展の脇坂さん 2006年5月11日(木)  サンパウロ市で十七日から開催される美術展「Caminhos […]
  • 「旅の詩人」=吉増剛造さん来伯=公演や朗読を=ブラジル各地活動中=「縁があり愛情も」2006年8月10日 「旅の詩人」=吉増剛造さん来伯=公演や朗読を=ブラジル各地活動中=「縁があり愛情も」 ニッケイ新聞 2006年8月10日付け […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]