fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 地域の一大イベント=オザスコ運動会賑わう

地域の一大イベント=オザスコ運動会賑わう

2006年5月18日(木)

 オザスコ日伯文化体育協会(平塚修会長)主催の「第四十二回家族慰安大運動会」が七日午前八時半から、同協会の運動場で開かれた。
 同運動会は、毎年五月に行われる地域の一大イベント。当日はオザスコ近郊から二千人以上が参加し、久々の家族、友人との団欒を楽しんだ。
 競技は「算数競争」「鈴割り競争」「嫁探し競争」「孫探し競争」など、他では見られないユニークな種目が多いのが特徴。夕方まで続き、終始歓声、熱気に包まれた。参加者からは笑顔が溢れていた。
 会場には五年ほどまえから、大きな鯉のぼりを三本掲げている。「日本とは鯉のぼりを上げる季節が逆ですが、綺麗な鯉のぼりが会場にあると華があります。何よりもブラジル人たちに喜ばれますね」と平塚さんは話す。これからも運動会を通して、地域の人たちとの親睦を深め、日本の文化をブラジルに紹介していきたい意向だ。
 なお、当日は来賓として野村アウレーリオ、ウィリアム・ウー、羽藤ジョージ氏らサンパウロ市議が来賓として出席した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日2020年10月31日 文協=移民史料館が5日から再開=寄付者優先、要予約で週3日  サンパウロ州政府が外出自粛規制緩和レベルを「5段階中の4段階目」を示す「緑」への引き上げたのに伴い、ブラジル日本文化福祉協会はブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)を11月5日から、感染対策を徹底して段階的に再開することを発表した。  コロナ禍で経営が困難に […]
  • 在サンパウロ総領事館=11月休館日のお知らせ2020年10月31日 在サンパウロ総領事館=11月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は、11月2日(月)が「死者の日」のため休館する。
  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]