ホーム | 日系社会ニュース | 名画友の会鑑賞会=「雲がちぎれる時」

名画友の会鑑賞会=「雲がちぎれる時」

2006年6月23日(金)

 名画友の会は、七月八日午後〇時十五分から、老ク連センターで第百二十八回鑑賞会を催す。邦画洋画二本立。「雲がちぎれる時」(六一年作品、佐田啓二、有馬稲子、仲代達也)、「ミモザ館」(三五年作品、フランソワーズ・ロゼー、ポール・ベルナール)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 5カ国の剣士が集合=20日に剣道選手権大会2003年7月12日 5カ国の剣士が集合=20日に剣道選手権大会 7月12日(土)  第二十一回ブラジル剣道選手権大会と第七回南米剣道選手権大会が二十日、サンパウロ市のピラチニンガ文化体育協会で開催される。 […]
  • 東西南北2010年10月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年10月29日付け […]
  • 2003年8月13日 長崎市被爆58年忌=サンゴンサーロ教会でミサ 8月13日(水)  長崎市は九日、被爆五十八年忌を迎えた。原爆投下時間の午前十一時二分に合わせて、サンパウロ市ジョンメンデス広場のサンゴンサーロ教会でもミサが行われた。 […]
  • 東西南北2021年10月7日 東西南北  レコルデ局の人気番組「ファゼンダ」で共演女性に強姦行為を行った疑惑で番組を追われたファンキ歌手ネゴ・ド・ボレルが4日の朝、姿を消し、母親が「行方不明になった」と警察に通報したため、騒然となった。それは、彼が番組を追われた際、無実を主張し、「黒人だから人種差別を受けた」などと訴 […]
  • コラム 樹海2004年9月2日 コラム 樹海 […]