ホーム | 日系社会ニュース | 大型スクリーンで観よう=オペラを毎土曜日

大型スクリーンで観よう=オペラを毎土曜日

2006年8月9日付け

 世界中の桧舞台で一流の歌手たちによって上演されているオペラがDVDに収録され、それがサンパウロ市内の大型スクリーンで、毎週土曜日、無料で復元映写されている。日系人の〃観客〃があまりにも少ない。ぜひ鑑賞をすすめたい――市内在住の長谷山正健さんが本紙を通してこういってきた。
 長谷山さんによれば、それらは日本語では歌われていない。ほとんどがイタリア語、ドイツ語、あるいはロシア語だ。たいてい英語の字幕付き。映写場(フェレイラ・デ・アラウージョ街741、ピニエイロス)に行くと、その日、映写されるオペラのパンフレットが配られ、それによって、タイトル、作曲家、公演された劇場、楽団、指揮者、歌手たちの名前、筋書きなどを前もって(ポ語)知ることができる。 映写時間は、短くて一時間半、長いのは三時間以上。午後三時に始まり、終わるのはたいてい六時か七時頃になる。
 オペラは映画と異なり、アクションやスピードあふれる映像の変動や背景の移り変わりがほとんどない。若い人たちには何かもの足りなく感じるかもしれない。
 しかし好きな人は、テノール、ソプラノ、バリトン、バイショなどによって歌われる声量、リズム、メロディーに合わせて変わる歌手たちの表情の動き、物語にマッチした衣装とシナリオ、など時間を忘れて、どっぷり漬かることができる。
 今年度後半期のプログラムは、八月から十二月まで十九回、二十作品が映写される。作品の作曲家の国籍はイタリア、フランス、ロシア、オーストリア、ドイツ、チェコ。
 プログラムのリストをほしい人には長谷山さんにメールで連絡すれば、返信してくれるという(ポ語またはローマ字)。
 masatake haseyama@hotmail.com (名前と名字の間にアンダーラインがある)。 日本語版でメールしたい人は次ぎに。
 haseyamabrasil@hotmail.com

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]