ホーム | 日系社会ニュース | 初めての先亡者慰霊法要も=27日、カロン支部50周年=沖縄県人会

初めての先亡者慰霊法要も=27日、カロン支部50周年=沖縄県人会

2006年8月19日付け

 ブラジル沖縄県人会ビラ・カロン支部の創立五十周年式典が二十七日、聖市ビラ・カロン区の同支部会館(Praca Haroldo Daltro,207)で開かれる。当日は節目を祝う記念式典と敬老会、芸能公演が行われるほか、支部創立以来の物故者を偲ぶ先亡者慰霊法要を執り行う。高安宏治支部長は、「たくさんの人に来ていただき、盛大に、立派な式典にしたい」と参加を呼びかけている。
 一九五六年、二十七人で始まった沖縄県人会ビラ・カロン支部は、半世紀を経て、在伯県人会の中で最も大きな支部に成長した。現在の会員数は四百五十家族。次男や三男など入会していない人を加えると、同地区に暮らす県系人は千五百家族以上に上る。
 高安支部長によれば、五十年前、同地区にはすでに多くの沖縄県人が住んでいたそうだ。地方から移ってきた人やボリビアからの転住者などが、主に縫製業の下請けや、フェイラのパステイス業に従事していた。下請けの期間に仕事を覚えながら資金を貯め、ブラス区などに出店していったという。
 世代の移り変わりとともに、同地区の職業も変わり、現在では金物の小売卸業や化粧品販売など多岐にわたっている。建築資材を扱う県系企業家グループ「グルッポ・オキナワ」もカロン区にある。
 式典当日は午前九時から支部会員物故者の慰霊法要。その後、午後二時から祝賀式典と敬老会、祝賀芸能公演を行う。
 同支部で先亡者の慰霊法要を行うのは初めて。献楽、献花、献茶の儀とともに、創立以来の会員物故者、約三百人の名を記した過去帳を納める。
 式典では支部創立以来の功労者を表彰、歴代支部長、婦人会長などに感謝状を贈呈する。
 敬老会では八十歳以上の高齢者九十九人に記念品などを贈るほか、九十九歳の白寿者二人に花束を贈呈。その後行われる祝賀演芸会では、沖縄民謡、舞踊、空手の演舞や沖縄太鼓など、様々な沖縄芸能を披露。地元の「ビラ・カロン沖縄学園」の子供たちも出演する。
 高安さんをはじめ、平良吉章第一副支部長、山田義和第一会計など支部関係者が案内のため来社した。「カロンで慰霊法要を行うのは初めてのこと。ぜひ家族や友人、親戚ともども来てほしい」と呼びかける高安支部長。「多くの人に来ていただき、盛大な、立派な式典にしたい」と期待を込めた。
 カロン支部では節目の年にあわせ、支部の五十周年記念誌を編纂している。現在調査を行っているところで、来年の完成を目指しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]