ホーム | 日系社会ニュース | 名伴奏者が初めて主役に=真喜屋研究所15周年で

名伴奏者が初めて主役に=真喜屋研究所15周年で

ニッケイ新聞 2013年2月6日

 真喜屋弘琉球民謡・古典音楽研究所創立15周年記念ならびに第1回発表会が、17日午後2時からサンパウロ市の沖縄県人会本部大サロンで開催される。真喜屋さん(72、二世)は当地における三線の弾き手の中でも、琉球古典と民謡の両方で師範の資格を持つ唯一の人物であり、サントアンドレ—市で30人以上の門下生に教えている。
 2011年末に来伯した沖縄出身の有名バンドBEGINも同研究所にわざわざ立ち寄り、子供らが自分達の曲を弾く様子を見て「彼らはブラジルのBEGINだ」と涙を流して喜んでいましたと宮城あきらさんは振り返り、「難しい古典音楽を三、四世の子供がたくさん学んでいるところがすごい」と説明した。
 実行委員長の山城勇さんは「真喜屋さんは優れた技能を持つが謙遜の人で、絶対に人前に出たがらない。今回も門下生から押され、ようやくやる運びになった。滅多にない機会なのでぜひ聞きに来てほしい」と薦める。
 真喜屋さんは1940年にジュキア線ビグワーの沖縄移民集団地で生まれ、7歳の頃から三線に親しみはじめ、和宇慶朝幸さんらに師事した。和宇慶さんは野村流の工工四(三線楽譜)を始めて当地に持ち込んで広めた功労者だという。
 当日は真喜屋さんらの生演奏に合わせて、母県から駆け付ける新垣恵さんほか、具志堅洋子琉舞道場、斉藤悟琉舞道場などが特別出演し、多数の豪華メンバーが踊りを披露して盛り上げる。
 門下生の座嘉比シモネさん(34、二世)は「叔父、叔母、父が門下生だったので、私は自然に始めました。今は子供たちがインターネットでBEGINなどのポップスからまず沖縄音楽に関心を持ち、次に民謡、さらに古典へと進むパターンが多い。子供たちに関心が高まっている良い時期なので、ぜひ発表会をと先生に薦めた」と説明した。
 真喜屋さん普段、舞台の袖に隠れた名伴奏者、縁の下の力持ち的な存在だが、この日ばかりは主役として表舞台に立つ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]