ホーム | 日系社会ニュース | 第63回パウリスタ・スポーツ賞=元Jリーガーのセーザルも表彰=聖市議会で9日に授賞式

第63回パウリスタ・スポーツ賞=元Jリーガーのセーザルも表彰=聖市議会で9日に授賞式

 ニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が9日夜、聖市議会の貴賓室で行われ、受賞した25人に記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に始まった同賞は、今年で63年を迎えた。東京五輪を来年に控え、ブラジル社会でも機運が高まるスポーツ界。昨年特別に新設された将棋部門も含め、コロニア、ブラジル社会のスポーツにおける貢献者を19部門から選出した。

セーザル・サンパイオ氏

 今年は25人が受賞。陸上、武道、球技、体操などの16部門に加え、特別賞に7部門8人が選出されている。この賞には、ブラジルサッカー界から元セレソンでJリーグでも活躍したセーザル・サンパイオ氏(51)も選ばれた。
 名門・サンパウロFC、パルメイラスに所属したサンパイオ氏は、Jリーグでも横浜フリューゲルス(現横浜F・マリノス)などで長年活躍。日伯両国のサッカー界でプレーし、圧倒的な知名度を誇る選手だ。現在もサッカー解説者を務める他、ジャパン・ハウス運営委員も務めるなど、日伯の懸け橋として活動している。

佐々木ヴァルテルさん

 アマチュアスポーツ界で広く貢献したとして、ニッポン・カントリークラブ(NCC)理事長の佐々木ヴァルテルさん(71、二世)も選ばれた。佐々木さんは、2011年から総合型地域スポーツクラブのNCCで理事長を務め、老若男女問わず幅広くスポーツの普及に貢献している。

柔道の柳森優(まさる)さん

 柔道の普及に長年貢献したのは柳森優(まさる)さん(98、熊本県)。自身も柔道9段の実力を持ち、聖州ツッパン市に入植した頃から柔道を広め、戦後の有段者会を活発にさせた。なお、柳森さんは日本語教育にも尽力した功績が認められ、日本政府から勲五等を叙勲されている。その他の受賞者は以下の通り(ABCで競技名順、敬称略)。
【特別賞】ケイチ・フギタ(陸上)、佐々木ヴァルテル(アマチュアスポーツ)、松堂忠顕(柔道)、柳森優(まさる)(柔道)籠原功(相撲)、ロベルト・ヨシオ・アキヤマ(ゴルフ)、吉田国夫(将棋)セーザル・サンパイオ(サッカー)
【陸上】マリウセ・ミツエ・カワシマ・スギヤマ
【野球】クラウジオ・カズヒサ・マツモト
【ゴルフ】エミ・ノムラ
【ゲートボール】本多八郎
【柔道】オズワルド・クペルチノ・シモエス・フィーリョ
【剣道】長谷川康一郎【健康体操】アリス・キミエ・ナカムラ
【古武道】クリスチーナ・サチコ・ホッジ・ボウム
【マレット・ゴルフ】西本ミツオ
【マレット・ゴルフ】ルシアノ・マサオ・サイトウ
【パーク・ゴルフ】ウィルソン・マサオ・ヤマモト
【ラジオ体操】木下ジョージ
【リズム体操】マリナ・ミチコ・サイトウ・クシヤマ
【ソフトボール】マイラ・サユミ・アカミネ
【相撲】タケヒサ・キヨタ
【テニス】ジロウ・セルジオ・サカキバラ
【卓球】マコト・サトウ


□関連コラム□大耳小耳

 パウリスタ・スポーツ賞の受賞者らの中には、長年スポーツ界で活躍してきた高齢者も多い。例えばゴルフで受賞したエミ・ノムラさん(89、二世)は、現役審判として今でも活躍し続けているのだとか。一方、若手の活躍も目立つ。最年少のマイヤ・サユミ・アカミネさん(27、四世)は、ソフトボールで受賞。6歳からソフトボールを始めた彼女は、ブラジル代表にもなっており、数々の代表試合に参加している。来年の東京五輪で新種目となり盛り上がるソフトボールのために、更なる活躍に期待!?

image_print

こちらの記事もどうぞ