ホーム | 日系社会ニュース | 上原氏、今日委員長辞任か?=百周年協会執行委員会=下本氏推すも物別れに=後任探す遠山、渡部の両氏

上原氏、今日委員長辞任か?=百周年協会執行委員会=下本氏推すも物別れに=後任探す遠山、渡部の両氏

2006年8月31日付け

 ブラジル日本移民百周年記念協会執行委員会の上原幸啓委員長が、今日午後に行われる会議の場で辞任すると見られる。同委員会の遠山景孝広報担当、渡部和夫協会顧問が、下本八郎氏に後任に、と説得したが物別れに終わっている。遅々として進まない百周年関連事業。理事会と同様の権限を持ち、「加速の年」の推進力と期待された執行委員会だが、完全に機能不全に陥っているのが現状だ。次期執行委員長は誰なのか。建て直しを図ろうと奔走する遠山、渡部の両氏の動きを見る。
 今の体制は誰から見ても間違っている。このままでは空中分解する。マスコミに対する態度もおかしいし、一世とも完全に離れてしまっている。日本のことも分かっていない。あなたが泥をかぶって百周年は潰れてしまう―――。
 今月十七日夜、上原氏と食事をともにした遠山氏は、「遠慮ない話でいいですか」と切り出し、腹蔵ない意見をぶつけた。
 無言で聞いていた上原氏は、最後に「言われた通りです。私利私欲などない。いつでも辞めます」と辞意を明らかにしたという。
 話し合いは午後七時半から午前零時まで約四時間半に及んだ。
 以降、経緯はこうだ。
 今月二十四日、上原、渡部和夫(協会顧問)、吉岡黎明(協会総務委員長)、遠山の四氏が文協会長室で会合を行った。
 吉岡氏も総務委員長を離職することを了承、上原氏は今後執行委員会の会合にも出席しないとして、第一線から退くことを飲んだという。
 では誰か――。執行委員会内部から後任を検討、上原氏は栢野定雄氏(日本カントリークラブ)を推したが、かつての教え子という関係もあるため、「上原、渡部の両氏から距離のある下本八郎氏をということになった」と説明する遠山氏は下本氏をこう評価する。
 「元州議だったことから、ブラジル側にも顔が利く。日本向けの話もできるし、一世を呼び戻すことが出来るのでは」と話し、他の執行委構成団体からの賛意もあることを付け加える。
 翌日、遠山氏から執行委員会長を任せたいとの話を受けた下本氏だが、即答は避けた。三十一日に行われる執行委員会までに、と急ぐ遠山氏は二十九日、渡部氏を伴い下本氏と会合したが、物別れに終わっている。
 下本氏はいう。「執行委員会だけやれといわれても難しい。他の部分の問題があるからこそ何も動いてないのでは。一部だけ変えても意味がない。法的には二つの団体だけど、(文協も百周年協会も)一緒の人がやってるわけでしょう」。
 下本氏が先の文協選挙でも主張していた「百周年は文協と一緒であるべき」という考えが、この発言の背景にある。さらに「執行委員会も協会の定款にないのでは」と指摘する。
 「まずは執行委員会からということだったのだが、下本氏の言うような形となると今の段階では…。ちょっとラジカル過ぎるのではないか」と遠山氏。
 渡部氏は「執行委員会の役割を理解してもらってないように思う」と、委員会の重要性を改めて説明する。
 「執行委員会は理事会と同じ権限をもつ組織。議会制度(parlamentarismo)のようなものだが、問題は理事長でもある委員長に上原氏が選ばれたことで、委員会内の決議権を上原氏に求める大統領制(presidencialismo)のような雰囲気になってしまったことだ」
 「執行委員会ができた時点で安心していたのだが」と渡部氏は声を落とし、委員自体の認識不足も指摘、「うまくいかなかった」とその機能不全を認める。
 下本氏は、「私から何かお願いすることはない。最後の提案は向こうからするべきもの。やるなら仕事をしやすい状況を作ってほしい」と微妙な発言に留まっている。
 このような状況を受け、遠山、渡部の両氏は、後任探しを続けている。
 「上原氏の委員長辞任と後任発表が同時に出来ればいいのですが」(遠山氏)
 三十日午後四時現在、内部変革の大鉈をふるう次期執行委員長はいまだ確定していない状況だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • ■訃報■秋本満敏さん2019年1月5日 ■訃報■秋本満敏さん  中西部日伯協会連合会元会長で連邦区在住の秋本満敏さんが、心臓発作により入院先で4日に急逝した。享年70。  秋本さんは1949年1月1日生まれ。愛媛県出身で、60年に移住。77年までパラナ州ウライーで過ごした。  ツバロン製鉄所などでの勤務を経て、80年からブラジ […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]