ホーム | 日系社会ニュース | サ・アマーロ=文化祭、人集め達成=賑やかに88演目披露

サ・アマーロ=文化祭、人集め達成=賑やかに88演目披露

2006年11月22日付け

 汎サント・アマーロ連合文化協会(田代正美会長)の「第十二回文化祭」が五日、サント・アマーロ会館で開かれた。当日は八十八の演目を披露、連合婦人部の手料理が振舞われた。文化祭の最後には大きな輪を作って盆踊りを踊り、和やかな雰囲気が会場を包んでいた。
 同文化祭は以前、〃演芸会〃と呼ばれていた頃から数えると、今回で四十三回目になる。五年前からは、連合傘下の七支部以外にも出演、来場を呼びかけるようにした。「人を集めるようにしたいからね」と文化祭開催を引っ張ってきた柘植博嗣さんはいう。
 連合が設立された当時は十三支部あったが、エンブーラのように日本人会がなくなるところ、また合併するところもあり、現在は七支部が参加している。
 「演芸会のころは一日やっても終わらないこともあった」と振り返る柘植さん。大きかったころには千五百家族いたが、今は三百五十家族。八〇年代にはデカセギ訪日のため多くの人が街を出た。
 舞台上では、カラオケや日本舞踊、昭和日本語学校の生徒らによる合唱が披露された。同地には鹿児島出身者が多いことから天達市雄同県人会長も来場。北林副会長は「このような行事をしていくのが日系社会の大事な役割の一つ」と閉会の挨拶をし、会場からは拍手がおこっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」2018年8月4日 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」  ブラジル岐阜県人会(長屋充良(ながやみつよし会長)は「県人会創立80周年、移住105周年、岐阜県農業高校生海外実習派遣40周年記念式典」を7月29日、サンパウロ市リベルダーデ区の広島文化センターで開催した。約40人が母県から駆けつけ節目の日を祝した。今年2月に就任した […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 人文研=50周年記念誌を刊行=15日、出版記念会を開催=ブラジル日系史研究の本丸2018年6月13日 人文研=50周年記念誌を刊行=15日、出版記念会を開催=ブラジル日系史研究の本丸  サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長、以下「人文研」)は2015年の創立50周年を記念して『人文研史―半世紀の歩み―』を刊行した。人文研は80年代の日系人口調査など重要な成果を残し、日系社会研究を牽引してきた。数々の調査を手がけてきた人文研だが、自らのことに関して […]
  • 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)2018年5月26日 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)  1908年4月28日、神戸港から笠戸丸に乗船した日本人移民がコーヒーの積出港に着岸して、今年で110年を迎える。そのこともあって、ブラジルではむろん、日本でもこれにちなんだ諸々の行事が予定されている。  ところで、ブラジルに関する地域研究も従来からすれば、格段の進歩 […]
  • 大耳小耳2018年4月10日 大耳小耳  ジャパン・ハウスは「地域活性化プロジェクト」をスタートさせている。これは日本の地方の多様な魅力を発信することを目的とするもの。まず手始めとして、新たに開館するロンドンで新潟県燕三条地域の「燕三条工場の祭典」と連携した企画を10月頃に実施することが発表された。同祭は地域の名だた […]