ホーム | 日系社会ニュース | 「国境超えた団結」テーマに=パンアメリカン・海外日系人大会=聖市で7月に合同大会=国内外1千人が参加して=「百年祭の前夜祭に」

「国境超えた団結」テーマに=パンアメリカン・海外日系人大会=聖市で7月に合同大会=国内外1千人が参加して=「百年祭の前夜祭に」

2006年12月21日付け

 来年七月に開催予定の〃百年祭の前夜祭〃、第四十八回海外日系人大会と第十四回パンアメリカン日系人大会の合同大会の概要が徐々に煮詰まりつつある。統一テーマには、国境を越えた団結で各国の発展に貢献という意味を持たせる予定。約二十カ国から日系団体代表者三百五十人と、伯国内の日系団体から七百人が日本文化継承や日本語教育などに関しても討議し、二十一世紀の日系人像をさぐる貴重な機会となりそうだ。
 「世界の日系人に、百周年をアピールする絶好の機会です」。二十日来社した合同大会の矢野敬崇実行委員長は、サンパウロの移民史料館や南米の講道館といわれるイビラプエラ柔道場、サトウキビ品種改良に貢献した日系人の存在などを挙げ、「この機会にブラジルの日系人の活躍を世界中の方に知ってもらい」との抱負をのべた。
 副委員長には伊藤昌輝さん(海外日系人協会専務理事)と高島末利さん(パンアメリカンブラジル日系人協会副会長)が就任。ブラジル側の海外日系人協会担当の通信員は小松雹玄さん(元JICAブラジル所長)、事務局担当は黒沢儀人さんが決まった。
 大会日程は〇七年七月十八日に開会式、翌十九日に会議、二十日には日系最古の移住地の一つレジストロを訪問し、当地の百周年に向けた取り組みはもちろん、移民資料館や茶畑を視察、先亡者慰霊碑で法要するほか、地元日系人と交流する。大会会場は、聖市のブルーツリー・コンベンション・イビラプエラ。
 最終日の二十一日には、ブラジル日本都道府県人会連合会主催の「第十回日本祭り」会場を見学して、国際カラオケ大会、閉会式などが予定されている。
 この合同大会には、フィリピンやインドネシア、オーストラリア、欧州各国をはじめ、北南米諸国を入れた二十カ国以上の代表が集まる。ブラジル国内でもベレンやマナウスから参加者を含めて七百人が出席する見通しだという。
 矢野実行委員長は、「各国の青年が集まって顔を合わせることにより、何か新しいものが生まれるのでは」と期待している。百周年前年に開催するだけに、将来に向けた各団体との連携は不可欠だ。小松さんも「詳細はこれからすり合わせしていく」と語った。
 医者向けのワークショップでは、日伯友好病院、サンタクルス病院、オスピタル・イ・マテルニダーデ・ブラジルなどの日系医療機関を視察し、胃カメラや最新機器のセミナーも予定する。その他、歯医者向けや弁護士向けのコースも行う予定。
 パンアメリカン日系人大会は同協会が主催で、代表はフェリクス・シンゴ笠松会長。海外日系人大会は同協会が主催で、代表は塚田千裕理事長。
 ブラジル側事務局(Praca Carlos Gomes, 182 sala2B SaoPaulo S.P.)も正式に発足した。電話は11・3101・3491。新年からスタッフが常駐する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進2017年7月5日 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進  2017年度外務大臣表彰の受賞者が先月29日に発表された。在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在ベレン領事事務所から計13の個人・団体が選出された。受賞者と功績は以下の通り(敬称略)。 【ブラジリア管内】▼秋本満敏(カンポ日伯農業開発(株)会社代表取締役副社長)= […]
  • 「すでに10県の参加決定」=地域リーダー交流事業に=3月15日まで受け付け中2008年2月15日 「すでに10県の参加決定」=地域リーダー交流事業に=3月15日まで受け付け中 ニッケイ新聞 2008年2月15日付け  百周年記念協会(上原幸啓会長)の主催事業である「21世紀の日伯地域リーダー交流事業」の日本側の参加者募集が進んでいる。これはブラジル日本文化福祉協会、ブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジルふるさと創生協会との共催で行われる。  「 […]
  • 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定2016年7月14日 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定  平成28年度(2016年)外務大臣表彰の受賞者が13日に発表された。在伯大使館管内から1人、在ベレン領事事務所管内から2団体、在聖総領事館管内から3人と計6の個人・団体が選出された。昨年は外交120周年を記念し、全伯で102人が表彰を受けていた。今年の受賞者と功績は以下の通り […]