ホーム | 日系社会ニュース | 子供の成長楽しみに=ますえ保育学園で卒園式

子供の成長楽しみに=ますえ保育学園で卒園式

2007年1月10日付け

 日伯ますえ保育学園(OEN、中原啓子園長)は、昨年十二月十六日に卒園式と学習発表会を開催した。当日は、天候にも恵まれ園児たちの晴れ舞台を観ようと大勢の来場者が集まった。
 今回卒園したのは六・七歳の十六人。
 当日は、卒業証書の授与が行われたほか、昨年ブラジル日本語センターが実施した「絵画コンクール」の入賞者に対して賞状が渡された。
 全生徒が参加した学習発表会では、にぎやかにお遊戯、唱歌、バレー、バトン体操、柔道が披露され、普段学園で学んだ成果を存分に披露。園児の中には、目の前にいる母親が恋しくなり泣き始める子もいた。
 当日会場には、すくすく育つ子供たちの成長を見てもらおうと習字、絵画や、一年間の行事スナップ写真が展示された。
 同園の作本郷原登美子理事は、「園児たちのほとんどは赤ちゃんの頃から通っています。最初は舞台に上がっても泣き喚く子供もいますが、みんなお兄さんお姉さんの姿を学んで行くんですよ」と笑顔を見せる。
 登美子理事によれば、「ほぼ一日、同学園で過ごす児童もいる」という。シャワーを浴び、着替えをして母親の迎えを待つ子もいる。
 「親に子供の成長を見てほしい」と話す登美子理事。「園児たちの毎日の成長を見るのが楽しみでしょうがない」と話していた。
 【日伯ますえ保育学園】
 一九三二年にサンパウロで日伯実科女学校を設立した故・郷原満寿恵さんの代から約四十年を数える同学園は、現在「働くお母さんの為」の運営を目指している。
 四歳までは日本語で教え、その後伯語、英語等で教えていくバイリンガル教育を行なっている。
 〇五年から小学一年生が始まり、現在、三年生までの約百人の児童を受け持っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」2016年8月9日 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」  【リオ発=小倉祐貴記者】第31回夏季五輪が5日夜、リオ・デ・ジャネイロで華々しく幕を開けた。午後8時から始まった開会セレモニーに対し、会場のマラカナンスタジアム周辺は歩行者も入場制限の対象に。治安やテロへの課題も指摘された南米初の五輪だったが、厳重な警備の下、そうした不安を一 […]
  • 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間2016年8月16日 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間  【リオ・デ・ジャネイロ共同】在リオ日本総領事館は12日、リオ五輪が開幕した5日から11日までの1週間に日本人の犯罪被害は強盗やすりなど計9件だったと発表した。総領事館で把握していないケースもかなりあるとみられ、実際の被害はより多そうだ。けがをした人はいないとしている。 内訳は […]
  • 第19回日本祭り=予想上回る16万8千人来場!=「今までで一番素晴らしい」=中南米最大のイベント会場で2016年7月12日 第19回日本祭り=予想上回る16万8千人来場!=「今までで一番素晴らしい」=中南米最大のイベント会場で  ブラジル日本都道府県連合会(山田康夫会長)主催の『第19回日本祭り』が、サンパウロ市サンパウロ・エキスポセンターで今月8~10日に行われた。晴天に恵まれ、昨年よりも多い、16万8千人を超える大盛況で幕を閉じた。政治経済情勢の混迷のさなか、中南米最大のイベント会場で日系社会の威 […]
  • 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV2016年8月6日 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV  リオ五輪の地上波生放送はTVグローボ局、バンデイランテス局、レコルジ局が主力。無料で見られるが、人気の高いブラジル代表の中継が中心となる。日本代表の試合中継はそれほど多くない。 その点、全42競技全種目を網羅しているのはスポーツTV(SporTV)だが有料放送。契約が必要。  […]