ホーム | 日系社会ニュース | 秋葉なつみさん死去

秋葉なつみさん死去

2007年1月19日付け

 十八日午後、翻訳や通訳、イベントの企画やプロデュースを手がけてきた秋葉なつみさんが、サンパウロ市内の自宅アパート内で亡くなっているのが見つかった。
 不審に気づいたアパートの管理人がなつみさんの友人に連絡をし、友人が中に入ったところ、テーブルの横に横たわって死んでいるのが発見された。
 死因は不明。家の中はあらされている様子はなかった。十二日付けの新聞からがそのままになっていたので、十一日までに亡くなった模様。警察では死因を調べている。
 享年五十四歳。七〇年代にブラジルに留学し、七六年に上智大学ポ語学科を卒業。以来、八〇年頃から頻繁に日伯の行き来を繰り返していた。東京都とサンパウロ市に自宅がある。夫の楠野裕司さん(写真家)が東京にいる間だった。
 夫の弟である故・楠野隆夫さんの舞踏関連のイベント、最近では『劇団1980』など数々の日伯交流文化事業を企画してきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ