ホーム | 日系社会ニュース | 「こどものその」歌い初め=300人で慈善カラオケ

「こどものその」歌い初め=300人で慈善カラオケ

2007年1月20日付け

 社会福祉法人「こどものその」(岡本ルイス理事長)は、二月四日、イタケーラの本部講堂で、第八回慈善カラオケ大会を催す。三百人の歌い手が、大統領寄贈優勝旗、州知事杯、総領事杯、市長杯などの争奪でのどを競う。〇七年の「歌い始め」と位置付けられている。
 岡本理事長、鈴木康夫副理事長、頃末アンドレー副理事長、小田セルジオ書記理事、西田康二評議員会会長は、十一日、コロニアへの新年のあいさつに来社「〇八年は、長谷川良信師によって当園が創設されてから五十周年。想像以上の難関を越えて、今日に至ったことは、日系社会のあらゆる人たち、商店主、企業家、諸団体の協力無くしては考えられない」と改めて感謝を表明した。
 役員らによれば、四月に牛の丸焼きパーティー、後半にはメガ・ビンゴ大会など運営資金獲得のための大きな行事がたくさん企画されている。
image_print

こちらの記事もどうぞ