ホーム | 日系社会ニュース | 財政改善めざす=鹿児島県人会=園田さん会長に就任=企業経営者のノウハウを=母県にも支部結成働きかけ

財政改善めざす=鹿児島県人会=園田さん会長に就任=企業経営者のノウハウを=母県にも支部結成働きかけ

2007年3月1日付け

 ブラジル鹿児島県人会は定期総会を二十五日午後、同会館で開催し、新会長に園田昭憲氏の就任を賛成多数で決めた。総会には会員、約四十人が参加した。
 園田会長は鹿児島県鹿屋市の出身。ダイドー・エンタープライズ商事のオーナーとして、鹿児島県国際交流課と県人会の協力で、〇四年から実施している語学・農業研修制度の資金援助をおこなっている。
 同会長は県人会の運営にこれまで参与として関わってきた。しかし昨年末、前理事会から県人会の運営改善をおもな目的に、会長職の打診を受け承諾した。
 園田会長は就任のあいさつで、「来年は県人会の創立九十五周年と移民百周年が重なり会の運営も難しくなるが、それも覚悟で引き受けた。会員みなさまの協力を得ながら、自助努力でバランスの取れた会の経営を目指していきたい」と抱負を述べた。
 役員改選に先立ち報告された〇七年度の予算は、九万七千四百十一レアル。園田会長が指摘する通り同県人会は現在、二万三千二百七十一レアルの負債を抱える赤字運営となっている。
 そんな現状に対し会員からは「現役の企業経営者としてのノウハウを活かして県人会運営の再建を」との声も聞かれるなど、同会長にかかる期待は大きい。
 園田会長は財政改善案として、来年まで予定している母県からの研修生OBに要請して、「在鹿児島ブラジル県人会支部」の設立を企画。同研修生は来年で二十人になる予定で、それぞれから年会費を一万円として協力金を集め、それを県人会の運営費に補填していく考えだ。
 また賛助会員をつくり、母県とゆかりの深いブラジルの企業に援助を打診していくほか、現役員と県費留学生のOBには年会費の二回払いを検討するなど、積極的な財政再建案を掲げる。
 パカエンブー区にある県人会会館も管理・補修費がかさんでいるとして、売却案を視野に入れている。「メトロ駅近くで体力のある物件に移動することが重要」との考えだ。
 人事面としては、園田会長が「行動力のある若い人を選びました」と語るように、新役員十四人のうち十人が二、三世。五人が女性だ。
 同会史上、はじめて女性副会長に就任した有村マリエさん(三世)は青年部、「鹿児島若人交流会」の代表を務める。有村さんは「青年部のみんなはやる気バリバリ。会のために頑張りたい」と意欲をのぞかせる。
 企画部長は日本で研修・留学をした若者で組織する団体、アセベックスの現職会長、内村明美さんが担当することになった。
 広報活動としては、母県からの研修生が昨年作成した県人会のホームページを更新していく。また日ポ語で四から八ページほどの会報を復活させ、「二千部」を目標に定期的に情報を発信していく計画だ。
 総会に先立ち行われた臨時総会では、理事数を二十一人から十四人に減らすことが承認された。また役員の解任は臨時総会を通さないことが決まった。
 ▼会長=園田昭憲。第一副会長=山下ジョウジ、第二同=楮畑孝男、第三同=有村マリエ。参与=井料堅治。第一会計=野口マルシオ、第二同=谷口雅治。総務部長=上和田繁。企画部長=内村明美。渉外部長=下窪俊夫。文化部長=西田幸子。園芸部長=西村光秀。社会部長=福島レナッタ。福祉部長=川上リカ。体育部長=籠原パウロ。監査=吉利フリッツ、古川ネルソン、安楽良雄。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱2018年12月6日 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱  今上天皇陛下としては最後となる『天皇お誕生日祝賀会』が5日午前9時、移民史料館9階にある若き日の両陛下を描いた肖像画の前で今年も開催され、約50人が参加した。文協、援協、県連、アリアンサ、熟連などが共催した。  日伯両国歌を文協合唱団の主導で唱和した後、呉屋春美文協 […]
  • 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に2018年8月9日 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に  プロミッソン上塚周平植民地百周年ならびにブラジル熊本県人会創立60周年の節目を祝して、熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)が来伯記念公演『万華鏡~百年物語』を今年10月に企画している。  前身である旧劇団笠戸丸が、本紙の高木ハウル社長の招聘で移民百周年の翌09年に来伯 […]