ホーム | 日系社会ニュース | 在外ブラジル人に向け=特別住宅融資を設置=CEF

在外ブラジル人に向け=特別住宅融資を設置=CEF

2007年3月3日付け

 「モニトール・メルカンチル・ジジタル」のサイトによれば、連邦貯蓄金庫(CEF)は、今後「特別住宅融資」枠を設ける予定であると発表した。今年中には、海外からもブラジルの土地の購入できるようになるようだ。
 日本や、アメリカ、ヨーロッパなどで移住しているブラジル人の中には、その土地での永久または長期の滞在を希望せず、ブラジルへの帰国を希望する人が大多数。「特別住宅融資」枠が設置されることで、海外在住者でもブラジルの土地に限って購入が可能となる。
 「二百五十万人以上の市場規模を見据えている」と話すのは、国際貿易担当のフラビオ・ペトロ氏。同氏は、「短期間で支払う場合は、その分貸付金も得になる」と説明するとともに、「利子も融資に応じる」と述べている。
 調査では、住宅ローンの決算の期間が二十年から五年に短縮される確立が高いことが挙げられている。
 CEFではまた、リオで開催される「パン・アメリカン」への参加者のためにも、七月中に海外からの送金の為替業務を実施する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2005年3月12日 東西南北 3月12日(土) […]
  • 教育改善は掛け声倒れ?=優良校も閉鎖に向かう=反発のデモも一層激しく2015年10月31日 教育改善は掛け声倒れ?=優良校も閉鎖に向かう=反発のデモも一層激しく  【既報関連】サンパウロ州政府が打ち出した州立校再編成案で、いくつかの矛盾が噴出し、州民の不満が募っていると29、30日付伯字各紙やサイトが報じた。 州政府は、州立校再編は、義務教育課程を3分割し、複数の課程を受け持つ学校を減らすことで教育レベルを高めるためと主張してきたが、2 […]
  • 「記念誌編纂」公開セミナー=JICA青年ボランティアら2005年11月5日 「記念誌編纂」公開セミナー=JICA青年ボランティアら 2005年11月5日(土)  JICA日系社会青年ボランティア広域研修会議「記念誌編纂―理論と実践」公開セミナーが九日午前八時半から、サンパウロ市内のニッケイパラセ・ホテルで行われる。参加費は無料、申し込みも不要。 […]
  • 《ブラジル》パンデミックで健康食品需要高まる=売上が1億レアル台に2021年3月18日 《ブラジル》パンデミックで健康食品需要高まる=売上が1億レアル台に  ブラジルではパンデミック前から健康志向が強まっていたが、20年はこの傾向がより強まり、売上が1千億レアルの大台に乗ったと16日付エスタード紙が報じた。  健康食品には、グルーテンフリーのものや低塩のもの、遺伝子操作をした原材料を含まないものなどが含まれている。健康食品への関 […]
  • 交番制度普及、第三期始まる=警察庁 四方課長が来伯講演2015年7月29日 交番制度普及、第三期始まる=警察庁 四方課長が来伯講演  日本警察庁から長官官房国際課の四方光課長が当地を訪れ、6月29日に将来の治安責任を担うサンパウロ州軍警の士官学校学生らに向け、「日本警察における地域警察活動」をテーマに講演を行なった。 サンパウロ州軍警は1997年から、日本の交番制度を導入するなど治安改善に向けた独自の取 […]