ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

2007年3月8日付け

 日本で研修できたらそれっきり―。各県人会が母県の助成を得て派遣する県費留学生・研修員について、県人会関係者からこんな声が聞かれる。
 二つの制度は将来、母県とブラジルを結ぶ人材を育てることが目的の一つだ。しかし、留学生らの中には帰伯後、県人会と〃サヨナラ〃する人が多いのは現実だ。
 彼らの多くは三、四世。祖父母の代から遡れば、ルーツを持つ県は複数ある。だから彼らに県人意識を持って会の活動に参加してほしい、と呼びかけても無理がある。
 しかし、少なくとも研修で世話になった県人会の活動に協力するのは人情だ。新会館建設のために率先して千レアルを寄付した千葉県人会の研修員OBはこう言う。「感謝の気持ちです」。
 研修員すべてといわなくても、彼のような気持ちを持つ若者が増えてほしい。それは関係者共通の思いのはずだ。(泰)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]