ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年3月13日付け

 今月三十一日の総会で行われる評議員選挙への立候補者七十七団体、個人が加盟している『しんせいきのかい』(仮称)。「新生樹の会」、「新世紀の会」と両方の意味に取れるが、小山昭朗世話人によれば、「きっちりした団体というわけではなく、意見を同じくするものの集まり」だという。現時点で理事会選挙に立候補すると見られているのは、上原幸啓現会長、小川彰夫氏(現文協副会長)の二シャッパ。〃連立〃を考えたとき、当落を左右する数の評議員を送り込めるかどうかが、これからの存在を強める鍵となりそうだ。
     ◎
 久々にブラジル日本移民史料館が特別企画展を行う。会場となる九階の展示室は、常にスペースが空いている状態。そこで各県人会や日系団体の皆様にご提案。節目の式典などを開催するにあたり、史料館を利用して、その歩みなどをテーマに写真パネル展などを行ってはいかがだろうか。日本からの来賓や偶然訪れた人にも、その歴史、活動を知ってもらえる機会となる。史料館の小笠原公衛さんは、「ぜひ活用してほしい。ご相談ください」と利用を呼びかけている。
     ◎ 
 先週月曜に訪日した松尾治百周年執行委員長の音信が、さっそく日本のメディアから聞こえてきた。札幌テレビのサイトの十二日付けニュースによれば、松尾氏ら三人が、百周年をアピールするために道を表敬訪問し、〇八年の記念式典を説明し、「ブラジルでも知られるヨサコイなどでイベントを盛り上げるとともに、多くの日本人にブラジルを見てほしい」と呼びかけたという。この調子で、日本各地で話題になればよいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]