ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年12月19日

 県連の代表者会議で「コロニアを挙げて、W杯観戦に訪れる日本人観光客の受け入れ態勢を」と呼びかけた宮城県人会の中沢宏一会長。さらに話を聞くと「各県の国際交流協会などの推薦を応募条件にすれば、マナー知らずの無礼者を篩いにかけることもできる。日本のしかるべき団体に声をかけていきたい」と意気込んでいた。もし、キャンプ地がサンパウロ市近郊のイツー(イトゥー)なら、まずは日本祭りの宣伝も兼ねて、大歓迎会をする算段が必要か。できれば地元日系団体と共催で盛大にやった方がいいかも。それなら、きっと日伯の大手メディアも注目するのでは。
     ◎
 伯日青年会議所の「里帰りプロジェクト」のパネルのお披露目に、日本から駆けつけたJCI国際部委員会代表の山田拓也さんは、当日朝に日本から到着し、お披露目式の後に飛行場へ戻るという超過密日程で来伯した。いわゆる〃弾丸日程〃(銃弾のようにアッという間の日程)だ。「1日未満」の滞在では、滞在時間より往復の飛行機の中の方がはるかに長い…。かつて船で40日余りかけて両国を行き来した先人のことを思うと、時代は変わったものだ。
     ◎
 バスコ・ダ・ガマのスポンサーである日産だが、先日のアトレチコ・パラナエンセとの試合で起きたサポーター(トルセドール)同士の乱闘事件を受け、「暴力は企業の価値観として受け入れられない」とスポンサー降板を表明した。それを受けネット上で、バスコサポーターから「日産車を買わない」との声が挙がるという不買騒動に発展したと朝日新聞などが報じている。一部の過激派をどう裁くか、こういう時の毅然とした対処が、それ以外の大半を占めるサポーターの支持を失わないコツか。サッカーとどう関わるかは当地進出の成功の鍵?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • W杯日本代表に日系社会から応援を2014年4月2日 W杯日本代表に日系社会から応援を ニッケイ新聞 2014年4月2日  W杯で日本戦があるたびに当地TV局から「日系人が集まって応援する場所はないか」との問い合わせがあり、「ないね」と答えるとガッカリする。ところが最近、韓国コロニアなどは若い人が民族服まで来て熱心に応援する光景が放送される▼今回は地元開催だけに、 […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • コラム 樹海2013年10月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月29日  県連日本祭りの会場問題がまた持ち上がっている。世界最大級の地元開催による日本をテーマにした祭りだけに、このまま消滅してしまうのは誠に惜しい。もちろん県連関係者にこそ、その想いが強いだろう。来年はサッカーW杯と重なる時期だけに、日本からの来 […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]