ホーム | 日系社会ニュース | 森、こうして作る=沖さん講演会「多様性実現を」

森、こうして作る=沖さん講演会「多様性実現を」

2007年3月20日付け

 ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)は、沖真一ブラジル東京農大会副会長を招き、「森作り、あれこれ」と題した第一回講演会を、十六日、同会館で開催した。沖さんは、最近の植樹事例を紹介したのちに、「森」とは何か、桜の植樹のポイント、森作りへのアドバイスを語り、十数人の参加者らの中には、熱心にメモをとる姿が見られた。
 沖さんは、六五年に来伯。花作りに従事してきたが、現在は、農薬の販売などを手がけて、パラグアイのイグアスー移住地で行われている植林事業に、専門家として携わっている。
 「『多様性』が実現されてこそ、森といえる」と沖さん。大小多種の樹木があり、水源がポイントとなる。小さな森をたくさん作り、点と線をつないで広げていくことが理想だと説明。
 森作りにお勧めの樹木は、フトモモ科(和名、またはミルタッシア科)と、クワ科で、フトモモ科にはゴヤバやユーカリが、クワ科にはイチジクやゴムの木などが属する。様々な動物、昆虫が実から種を散らすことで、人間が手を加えなくても、自然と森を育ててくれるそうだ。
 桜の植樹をするにあたっては、苗木は一年を少しすぎたものがよい。背が高すぎると倒れてしまうので、注意。また、桜の二、三メートル隣には、常緑の松などを植える、とアドバイスを送った。
 山田会長は「講演会の効果がすぐに出るとは思ってない」と毎月一回講演会を続けていく考えを示し、今後、百周年など様々なテーマを取り上げていく中で、「ぜひ県人会員に聞いてもらいたい。県人会の方向性、日系社会のことなど、何かを考えられる場を提供していきたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」2016年10月22日 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」  今月11日に閉幕した希望郷いわて国体のため、ブラジル岩手県人会から千田曠暁会長ら6人が日本を訪れた。1日の開会式を現地で観戦したほか、県庁への表敬訪問や他国の県人会と交流する機会も設けられた。  一団は28日に県庁を訪問し、その後、県人会報への記事提供などで交流のある岩 […]
  • パラナ州知事と会談、連携強化へ=兵庫県副知事ら県庁一行=州都で紹介セミナー開催2016年9月20日 パラナ州知事と会談、連携強化へ=兵庫県副知事ら県庁一行=州都で紹介セミナー開催  パラグアイ日系人移住80周年式典にあわせ、兵庫県の荒木一聡副知事ら県庁一行が来伯した。10日にサンパウロ市のニッケイパラセホテルで兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)から歓迎を受けた後、11日に友好提携先のパラナ州都クリチーバ市で兵庫県主催の「ひょうごセミナー」を開催。12日に […]
  • 大耳小耳2016年9月6日 大耳小耳  パラグァイのイグアス農業協同組合機関紙「組合だより」192号によれば、熊本地震被災者復興支援として、農協職員有志が焼き鳥や巻き寿司などを作って販売し、その売上金を寄付した。大使館を通して送金され、後日、在パ熊本県人会からの感謝状が届いたとか。その書面には《送られて来ました日本 […]