ホーム | 日系社会ニュース | 在伯被爆者訴訟=91歳原告が死去

在伯被爆者訴訟=91歳原告が死去

2007年3月20日付け

 【中国新聞】被爆者援護法に基づく被爆者健康手帳の発行を求めて広島地裁に提訴していたブラジル・リオデジャネイロ市の日本人女性(91)が十三日、がんのため、同市内の病院で死去した。十五日の第二回口頭弁論を控えた悲報に、弁護団は訴訟承継策の検討を始めた。女性は広島市で被爆し、一九七三年にブラジルに渡った。〇六年広島県に手帳交付を申請したが県は却下。女性は、国と県に却下処分の取り消しを求めて提訴していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2003年4月30日 コラム オーリャ!  「二十年後の日系社会」公開討論会の取材時、これだけの有識者が雁首そろえれば、従来の議論とはまったく別次元の新しい発想が理論化されるのではと期待をしていたので、議論の大筋に違和感がないこと自体に、意外な感じがした。 […]
  • ブラジル政府=露国から対空ミサイル購入=8年以内総額5億ドル支出2015年9月22日 ブラジル政府=露国から対空ミサイル購入=8年以内総額5億ドル支出  ブラジル政府は16年に、ロシアから3基の対空ミサイル防衛システム、パーンツィリS1を購入すると、19日付エスタード紙が報じた。 総額5億ドルに及ぶ取引は、ミシェル・テーメル副大統領が16日、モスクワでメドヴェージェフ首相と会談した際に決まり、ジョゼ・アントニオ・ヴァッリン・ゲ […]
  • ブラジルでアメフト人気上昇中=カーニバルと重なる今年もスポーツバーは盛況2016年2月3日 ブラジルでアメフト人気上昇中=カーニバルと重なる今年もスポーツバーは盛況  サンパウロの夜はあらゆる娯楽が揃っている。ディナーはピッツァ、グルメバーガー、ブラジル風〃テマキ〃、アラブ料理にイタリアン、洒落たバーに、ショウ・レストランや劇場。スタンダップ・コメディの人気も急上昇中だ。 ブラジルでのスポーツ観戦はサッカーの独壇場に見えるが、近年は、アメリ […]
  • 軍警大佐を射殺=虐殺事件捜査の横やりか2008年1月18日 軍警大佐を射殺=虐殺事件捜査の横やりか ニッケイ新聞 2008年1月18日付け  サンパウロ市北部マンダキー区で十六日午前、北部パトロール指揮隊長の軍警大佐が何者かによって射殺される事件が発生した。 […]
  • 往年の名浪曲に感激=老ク連で特別に鑑賞会2011年8月9日 往年の名浪曲に感激=老ク連で特別に鑑賞会 ニッケイ新聞 2011年8月9日付け […]