ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年3月21日付け

 年寄りはよく言う。「近頃の若い者は何も知らん」。これは、多くの場合、自分の知っていることを若い者が知らない、いう意味で、自分の知識の幅や深浅の程度の範囲で言っている。だから、若い者側に言わせれば「老体どもは何も分っていないんだから」となる▼東京都知事選挙に出馬する建築家の黒川紀章氏の名を見て、夫人の若尾文子さんを思い出した。五〇、六〇年代、大映全盛期の頃の看板女優だった人だ。彼女と同年代以上の人なら、映画ファンでなくても、名は憶えているだろう▼日本から来て間がない若い人に「若尾文子って知ってる?」と訊いたら、首を振った。黒川紀章候補のほうは印象があるみたいだった。なにしろ、若尾文子さんは二十代前半の若い世代にとっては、自身の祖母の年代である▼芸能人の名についていえば、年寄りは最近の日本のタレントや歌手を若者のようには知らない。ブラジルのその畑の人たちについてはもっと知らない。いうまでもなく、関心の問題である。年月が人を変えるともいえる。事(こと)が専門であれば、年齢に関係なく該博度は深まる。凡人はそうはいかない▼関心がないことを、そんなものは知らなくても生きていける、といってしまうと、融通性のない年寄りになってしまう。自戒を込めて、雑学をつねに仕入れることはいいことだし、なんでも知ろうとつとめることで頭脳の後退に歯止めをかけられるのではないか。「若い者は何も知らん」と言ってはいけないのだ。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジウマとFHC親密に=F紙創刊90周年式典で2011年2月24日 ジウマとFHC親密に=F紙創刊90周年式典で ニッケイ新聞 2011年2月24日付け  21日にサンパウロ市で開催されたフォーリャ紙創刊90周年記念式典で、フェルナンド・H・カルドーゾ元大統領と挨拶したジウマ大統領が会談を申し入れたと23日付フォーリャ紙が報じた。 […]
  • 大耳小耳2014年4月17日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月17日  石井千秋さんの名は、本当なら「せんしゅう」だったと『黒帯三代』(第二部1頁)に由来がある。父勇吉に赤紙が来て、1941年9月に南方へ出征した時、母が臨月で10月に生まれた。それを船上で知った父は、藤田東湖生正気詩の一節「秀でては、不二の嶽と […]
  • サンパウロ州市警=4割もの市で常駐警部不在=高齢化などで人員が減少=「経済危機で欠員の補充は困難」と当局2017年3月3日 サンパウロ州市警=4割もの市で常駐警部不在=高齢化などで人員が減少=「経済危機で欠員の補充は困難」と当局  サンパウロ州内全645市中、およそ4割にあたる256市は、正規の担当警部(市警)がいないと2日付現地紙が報じた。  サンパウロ州内陸部では1人の警部が四つの自治体を担当する事態も発生しており、捜査員や書記官の不足にも悩まされている。  サンパウロ市では93の警察署の内、2 […]
  • 虎キチ移民 喜びに沸く=阪神優勝=東洋人街に横断幕2005年9月30日 虎キチ移民 喜びに沸く=阪神優勝=東洋人街に横断幕 2005年9月30日(金) […]
  • 「ゲリラの遺体を焼却」=元市警の証言収録の本刊行2012年5月4日 「ゲリラの遺体を焼却」=元市警の証言収録の本刊行 ニッケイ新聞 2012年5月4日付け  2日に刊行された『汚れた戦争の記憶』と題する本に、1970〜80年代にリオ州のサトウキビ精製所でゲリラの遺体を焼却したとの元市警の証言が収録されていると3日付伯字紙が報じた。 […]