ホーム | コラム | 樹海 | 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに

外国人医師さえ国民を救おうとしているのに

「それで?」と答えた瞬間のボウソナロ大統領(28日付G1サイトの記事の一部)

 28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E daí?) 現状は嘆かわしいが、私に何をしろというんだ? 私はメシアだが奇跡は行わない」と答え、警備員の笑いを誘った。大統領のミドルネームは「メシアス」だ。
 確かにその後、「現状を嘆いている。高齢者を中心とする家族を亡くした人達にお悔やみを申し上げる」と語ったが、「コロナ感染の第二の波は失業の波」の言葉に続く冒頭の弁は、多くの人に失望感も与えた。パンを得るために出かけて命を失えば何になるのか。
 集団免疫の壁を作る意味なら、「国民の7割の感染容認説」はわからなくはない。だが、中国での流行開始後、思い切った社会隔離措置を敷いたベトナムは、死者0のまま、22日に規制緩和を発表。24日現在の同国の感染者は、輸入型を中心に270人のみだ。
 周辺では訪米同行者ら20人以上が感染しても本人だけは「自分は陰性」と言い張り、マスクもせず出歩き、平気な顔で群衆と握手する。「コロナなんて軽い風邪」との言葉も含め、本当は感染したが軽く済み、免疫が出来たと安心して出歩いているのかと勘繰りたくなるのはコラム子のみ?

 実は同日、マイス・メジコス参加者でミナス州に残ったキューバ人医師150人が、「エボラ熱その他の感染症流行時の体験を生かして手伝いたい」との手紙を同州政府に送った。前日にはパラー州在住のキューバ人医師86人が、州政府と契約して現場に戻った。
 現状を見て居てもたってもいられなくなった外国人医師と、国民を危険に晒す行為を繰り返す大統領。トランプ米大統領も対ブラジル航空便の運航停止を口にし始める程、ブラジルの状態は悪化している。そんな実情を見ようともしない姿に、コラム子は哀れみすら覚える。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か2020年4月28日 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か  コロナショックがキッカケで、ブラジルが激動期に入った感じがする。  1992年末、インピーチメント(罷免)直前に辞任したコーロル元大統領(現上院議員)が先週、「この映画は見たことある」とのコメントを発したという25日付ブラジル社会面記事には納得させられた。  大統 […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 32歳の医師急逝、若者の死続く2020年4月23日 32歳の医師急逝、若者の死続く  新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、医療現場の医師や看護師の感染例も増えている。  20日に亡くなった、聖市東部イタケーラの救急診療所(UPA)と大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポ(SBC)市ルージ・ラモスのUPAで勤務していたフレデリコ・シウヴァ・リマ […]
  • コロナ禍で孤立深めるボウソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボウソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボウソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]