ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年3月24日付け

 航空管制CPI廃案を勝算とみた与党に対し、野党下議らがノロノロ戦術で突破口を探した。超マジメなヴァレンテ下議(自由社会党=PSOL)がシビレを切らし、「あーイライラする。何してるんだ」。アウメイダ下議(ブラジル民主社会党=PSDB)が同下議をなだめ、「落ち着けヨ、ヴァレンテ。既定戦略の標準審議だからサ」。ヴァレンテ下議「PSDBの党マークは、九官鳥よりナマケモノが似合ってるヨ」
     ◎
 四月二日以降、給与振込先の口座から他の口座へ預金を移す場合、手数料が無料となる。銀行間の競争促進が狙い。効果は中長期的に現れると財務省。
     ◎
 地下鉄駅工事現場の陥没事故から約三カ月半が過ぎた二十二日、技術調査研究所は現場周辺の住宅の安全を確認し、六十七戸のうち五十八戸で居住を許可。
     ◎
 サンパウロ州カンポ・リンポ・パウリスタ市で二十二日未明、市制四十二周年記念フェスタの後、歩いて家に帰る途中の七人に背後から自動車が突っ込み、十歳から二十二歳までの男女四人が死亡、三人がけがをした。運転者は現場から四〇〇メートル先で車を捨て、歩いて逃亡。警察は飲酒運転が事故原因とみている。
     ◎
 サンパウロ州イビウーナ市で二十二日朝、ピットブル一匹を含む三匹の犬といっしょに孫の男児(2)を裏庭でつなぎとめていた年金生活者の男(64)が逮捕された。匿名の通報を受けて市民警備員が男の自宅に駆けつけ、男児を解放。孫が畑を荒らすのを防ぎたかったと男。男児は銃撃戦で父親を失い、母親が恋人と同棲を始めた後、祖父に預けられていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ