ホーム | 日系社会ニュース | 今年も虚子忌俳句大会=リ・ピーレス市「俳句の日」に

今年も虚子忌俳句大会=リ・ピーレス市「俳句の日」に

2007年3月24日付け

 現在ブラジル国内の句会では最大規模の第十五回リベイロン・ピーレス全伯虚子忌俳句大会が、同市制定の「俳句の日」、四月二十一日午前十時から、同地日伯文化協会会館(ルア・プリメイロ・デ・マイオ56番)で開催される。現在、参加者の申し込みを受け付けている。毎年、市がイベント成功に向け肩入れしており、市内にある虚子の三日月の句碑に敬意をはらうなど、独特の雰囲気が醸し出される「俳句の祭典」だ。
 五句投句で、今年の兼題は「秋晴」「霧」「アバカッテ」「月」「虚子忌」。今回はアメリカ人の俳句研究者を選者の一人に迎えるという。
 案内に来社した村木アントニオ文協会長(市議)、栢野桂山選者、中野秀敏大会実行委員長、中馬淳一さんは、「ぜひ参加ください」と呼びかけた。
 参加費は昼食、飲み物付きで二十五レアル。当日午前七時半にサンパウロ市のリベルダーデ広場より、会場行きのバスが二台出る。申し込み=直接会場に向かう人は、西川あけみさん(4827・0164、午後六時以降)、沢田みちさん(4827・0226)まで。バスを利用する人は星野瞳さん(2276・4019)、富重久子さん(3064・9426)、栢野桂山さん(5084・3814)、坂本美代子さん(3209・9254)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》超人気コメディアンのパウロ・グスターヴォがコロナ死=ブラジル映画史上1位の主演俳優2021年5月6日 《ブラジル》超人気コメディアンのパウロ・グスターヴォがコロナ死=ブラジル映画史上1位の主演俳優  ブラジルで現在最も人気のあるコメディアンで、ブラジル映画の興行成績歴代1位作品の主演俳優でもあるパウロ・グスターヴォが4日、コロナ感染症のため入院先のリオ市の病院で亡くなった。42歳だった。ブラジル芸能界屈指の人気者のコロナ死は、ブラジル社会に衝撃を投げかけている。4 […]
  • 《ブラジル》保健省が12~17歳の接種中止勧告=7日デモのあと死者と感染者数が上昇の中2021年9月17日 《ブラジル》保健省が12~17歳の接種中止勧告=7日デモのあと死者と感染者数が上昇の中  保健省が15日夜、予防接種計画を後退させ、基礎疾患のない12~17歳の青少年への新型コロナのワクチン接種の中止勧告を出したと16日付現地サイトが報じた。  保健省は2日、15日から12~17歳の青少年への予防接種実施と発表していた。また、「ワクチンは充分にあり、不足 […]
  • 中国交通建設=ブラジル北東部の港建設に51%資本参加=鉄道、農業も視野に入れ2018年3月20日 中国交通建設=ブラジル北東部の港建設に51%資本参加=鉄道、農業も視野に入れ  ブラジルのインフラ事業に積極的に進出している中国企業、中国交通建設股份有限公司(CCCC)の南米総責任者、チャン・ユンボ氏が、「ブラジル国内の全ての鉄道事業を注視している」と語ったと、19日付ブラジル紙が報じた。  先週開かれた、ブラジル北東部マラニョン州都サンルイス市の港 […]
  • ■訃報■笹田教利氏2009年5月16日 ■訃報■笹田教利氏 ニッケイ新聞 2009年5月16日付け  鹿児島県人会ポルト・アレグレ支部前支部長の笹田教利(ささだ・のりとし)さんが、十三日午前零時ごろ、ガンのため入院先のポルト・アレグレ市の総合病院で亡くなった。享年八十一歳。 […]
  • 「ジウマ罷免」立役者の素顔2021年11月26日 「ジウマ罷免」立役者の素顔  「こういう人たちにジウマ氏は大統領を罷免されたのか」。そう思いはじめたのは、つい最近のことではない。同氏を罷免にかけた当時の下院議長エドゥアルド・クーニャ氏は、ラヴァ・ジャット作戦の収賄疑惑で下議罷免にあい、すぐに逮捕。14年の大統領選で有力な証拠もないままにジウマ氏 […]