ホーム | 日系社会ニュース | 今年も虚子忌俳句大会=リ・ピーレス市「俳句の日」に

今年も虚子忌俳句大会=リ・ピーレス市「俳句の日」に

2007年3月24日付け

 現在ブラジル国内の句会では最大規模の第十五回リベイロン・ピーレス全伯虚子忌俳句大会が、同市制定の「俳句の日」、四月二十一日午前十時から、同地日伯文化協会会館(ルア・プリメイロ・デ・マイオ56番)で開催される。現在、参加者の申し込みを受け付けている。毎年、市がイベント成功に向け肩入れしており、市内にある虚子の三日月の句碑に敬意をはらうなど、独特の雰囲気が醸し出される「俳句の祭典」だ。
 五句投句で、今年の兼題は「秋晴」「霧」「アバカッテ」「月」「虚子忌」。今回はアメリカ人の俳句研究者を選者の一人に迎えるという。
 案内に来社した村木アントニオ文協会長(市議)、栢野桂山選者、中野秀敏大会実行委員長、中馬淳一さんは、「ぜひ参加ください」と呼びかけた。
 参加費は昼食、飲み物付きで二十五レアル。当日午前七時半にサンパウロ市のリベルダーデ広場より、会場行きのバスが二台出る。申し込み=直接会場に向かう人は、西川あけみさん(4827・0164、午後六時以降)、沢田みちさん(4827・0226)まで。バスを利用する人は星野瞳さん(2276・4019)、富重久子さん(3064・9426)、栢野桂山さん(5084・3814)、坂本美代子さん(3209・9254)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年8月6日 東西南北  ここのところ、サンパウロ市での電車の新駅開設のニュースが途絶えていたが、10日にCPTM9号線の新駅、メンデス/ヴィラ・ナタル駅が開業することになった。この駅は9号線の南側の終点だったグラジャウーのさらに南側にできる。現時点では新しい終点となるが、しばらくは限定された時間での […]
  • 援協=センター募金活動本格化へ=「五十年誌」も準備始まる2008年12月6日 援協=センター募金活動本格化へ=「五十年誌」も準備始まる ニッケイ新聞 2008年12月6日付け […]
  • コラム オーリャ!2005年3月23日 コラム オーリャ!  最近、フェイラなどで急に「サン」と呼びかけられるようになった。日本人と見ると「サン」と言ってくるようだ。 […]
  • 「それなら死ね!」の大失言=立ち退き交渉でマナウス市長2011年2月23日 「それなら死ね!」の大失言=立ち退き交渉でマナウス市長 ニッケイ新聞 2011年2月23日付け  アマゾナス州マナウスのアマゾニノ・メンデス市長が21日朝、同市住民に「それなら死ね!」と言った事を、21日、22日の各種メディアが一斉に取り上げた。 […]
  • ■訃報■田中信(まこと)さん2017年10月12日 ■訃報■田中信(まこと)さん  ブラジル日本商工会議所会頭、PLゴルフクラブ理事長などを務めた田中信さんが10日午前1時半(米国時間)、米国テキサス州ヒューストン市のメモリアル・ハーマン・ノースイースト病院で亡くなった。享年89。  田中さんは1928年3月31日、山梨県生まれ。73年に来伯し、三和銀行代 […]