ホーム | 日系社会ニュース | 日伯音協、5月以後の事業計画

日伯音協、5月以後の事業計画

2007年5月4日付け

 日伯音楽協会(北川彰久会長)とブラジルNAK(同)は二十七日、五月以降の事業計画を発表した。
 五月六日=エスペランサ婦人会の「女性だけの歌謡祭」に前面協力、八月二十六日=マナブ間部日伯近代美術館建設支援歌謡祭開催、九月三十日=全伯歌謡唱歌コンクール開催、十一月十一日=希望の家支援歌謡祭開催、十二月二日=ブラジル紅白歌合戦、十二月九日=サントス厚生ホーム支援歌謡祭開催。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調2021年4月17日 友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調  サンパウロ日伯援護協会(税田パウロ清七会長)は3月25日(木)に3月定例役員会を援護協会ビル5階とオンライン会議システムによる混合で開催した。事務局報告では、日伯友好病院やサンミゲルアルカンジョ(SMA)病院でも薬や酸素が足りず切迫した状態になっていると前園事務局長が […]
  • サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで2021年4月16日 サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで  アイフード等のデリバリー配達員を装った強盗がサンパウロ市で多発している。4月6日(火)午後4時にはパライゾ地区で、デリバリー配達員を装った男2人組が犬の散歩中の人に拳銃をかざし、携帯電話を強取する事件が発生。同日に在聖総領事館も注意喚起を促すメールを送信している。 […]
  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]