ホーム | 日系社会ニュース | この人を知りませんか?《17》=チエテの会館で

この人を知りませんか?《17》=チエテの会館で

2007年5月4日付け

 ブラジル日本移民史料館が所蔵する写真の人物を特定する「この人を知りませんか?」。今回はサンパウロ州のチエテ移住地で撮影された「会館落成記念」の写真です。
 ブラ拓(ブラジル拓殖組合)により一九二八年に創設されたチエテ移住地(現在のペレイラ・バレット市)。この写真が撮影されたのは一九三六年で、前列左から三番目に同じくブラ拓造成のアリアンサ移住地創設に携わった輪湖俊午郎氏の姿。同右端に立っているのが当時のチエテ移住地支配人、古関徳彌氏です。
 最盛期には千二百家族の入植者を数えたといわれる同移住地。写真に映る男性たちは、当時の日本人会の関係者だと思われますが、氏名や会館のあった場所などは分かっていません。
 写真の人物など心当たりのある人は史料館(11・3209・5465、小笠原)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ