ホーム | 日系社会ニュース | 日本文化継承に熱心=茨城県人会=その「成果」見せる

日本文化継承に熱心=茨城県人会=その「成果」見せる

2007年5月16日付け

 茨城県人会(鈴木康夫会長)の六年ぶりとなる墨の藝術展「第二回ブラジル茨城県人会文化事業作品発表会」が十二日、十三日に文協ビル貴賓室で行われた。
 十二日正午に開会式が開かれ、松尾治県連会長、山下ジョルジ文協副会長、西谷博県連顧問などが出席し、若松如空北辰教師の乾杯の発声で始まった。十三日には、西林総領事が夫妻で来場した。
 鈴木会長は「県人会では、日本文化の継承をしていくことがモットーとして、活動しています。今大会が開催できたのは、みなさまのおかげです。興味ある方は、是非教室に来てください」と開会のあいさつ。
 山下文協副会長は「日本文化の普及に茨城県人会は、我々、文協の大きな支えになっていることを激励と受けとめている。ブラジル社会に日本文化活動をもっと浸透させたい」と今後の抱負を述べた。
 今年は、書道教室開設十五周年である。茨城県人会の活動は、サンパウロ以外にマリンガなどブラジル各地におよび、書道・水墨画・刻字を教えている。
北辰教師の若松刻字担当、小林月仙水墨画担当、根本碧水・布美書道担当、鈴木美津書道担当ほか計七人と高ズレイタ生花師範、同会員の書道六十点、水墨画五十点、刻字三十点ほか、生花など合計百五十点の作品が展示された。展示の中には、若松教師、小林教師が、ポルトガル語で刻字した、「第二十六回日本刻字展」にブラジル代表として出展し、入賞した作品もあった。
 会場では、展示品の繊細さに、顔を近づけて観る人や、写真を撮ったり、講師らに質問しながら鑑賞している人が多かった。
 来場したリベイロン・ピーレス在住の中野睦子さんは「貴重な展示会で、素晴らしい作品を観れてうれしい」と感想。鈴木会長は「日本文化普及に生きる茨城県人会にしたい」と将来を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]
  • 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」2017年11月7日 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」  平成29年度外務大臣表彰伝達・祝賀式が先月31日に在サンパウロ総領事公邸で行われた。受賞者のサンタクルス日伯慈善協会の石川レナト理事長、柔道家の石井千秋さん、陶芸家の鈴木章子さん、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に野口泰在サンパウロ総領事から賞状と記念品 […]
  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっ […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『あるブラジルの日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県 […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]