ホーム | 日系社会ニュース | シルバーバレーが人気=運動不足解消に好適=聖南西地区、中高年向き=体動かし痛み忘れる=軽いボール、狭いコート、ネット低く=80歳でもできる!

シルバーバレーが人気=運動不足解消に好適=聖南西地区、中高年向き=体動かし痛み忘れる=軽いボール、狭いコート、ネット低く=80歳でもできる!

2007年5月18日付け

 八十歳でもバレーボールができる?! 聖南西地区では、中高年を対象にしたシルバーバレーが人気を呼んでいる。同地区にシルバーバレーが伝わって今年で五年。「皆で汗をかいて楽しめる」「運動不足解消になって、健康にいい」とまたたく間に隣近所に普及し、毎年の公式戦や、年二回ある「アミザーデ大会」には、十チーム以上が参加する。日本からボールを取り寄せ、聖南西だけでなく、モジ、サントアマーロでも競技者が出始めており、オザスコでシルバーバレーをしている清水リジア日伯バレーボール連合副会長は、「連合内でも普及させていければ」と楽しそうに話している。
 シルバーバレーは、福井県から福井村(サンミゲル・アルカンジョ市のコロニア・ピニャール)を通じて伝えられた。福井村四十周年入植祭の年に、日本から七人が、道具を携えて来伯。同地の婦人部に指導を行ったのが始まりだ。
 福井村の山下シゲコさん(64)は「最初は(もらった道具を)棚に仕舞っといたんだけど、始めてみたら面白くて」。山下さんは、翌年からサンミゲル・アルカンジョやイグアッペ、オザスコなどを廻って、シルバーバレーの普及に努めた。「三チーム集まれば大会ができる」。
 聖南西では従来からバレーボールの競技者が多く、五十八歳以上のスーパーベテラーノ枠も用意されていたが、中高年の参加は減少していく傾向にあった。リジアさんは「バレーは難しくても、シルバーバレーならできるから」と、多くの人が始めたという。今では、年一回の公式大会と、年二回の「アミザーデ大会」が定期的に行われている。
 シルバーバレーのルールは、ソフトバレーとほぼ同じ。福井県で高齢者の取り込みを考えて〃シルバーバレー〃と呼んでいることから、聖南西でもそう呼ばれて広がった。ところによって、ルールをアレンジしているという。
 一般的なバレーボールに比べ、大きくて軽いボール(周囲七十八センチメートル)を使い、コートの広さは、ひとまわり小さく、バトミントン・コートと同じ。ネットの高さも二メートルと、四十センチ程度低く設定されている。
 リジアさんは、「中高年にとって一番大事なのは体だから」と前置きし、シルバーバレーが人気の理由に、ボールがやわらかい、室内で行う、コートが小さいのであまり走らない、ルールが易しいなどをあげた。
 「身体を動かすようになって痛みを忘れたって、言う人が多い。じっとしてたら、どんどん動けなくなるから」とリジアさん。
 一年前からシニアバレーが始まったオザスコでは、現在、三チーム二十人以上が週に二回練習をしている。ラジオ体操で身体をほぐした後、体育の教師をしている参加者の指示でケガのないように、活動が進められる。
 「お茶とお菓子を持ち寄って、集まって皆と話すのが楽しみ」とリジアさんは笑った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(5)2016年5月20日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(5)  誠にめでたく、神戸港より新造船「ぶらじる丸」一万五〇〇総トンの移民船は、昭和三十一年(一九五六年)十二月二日、海外移民(移住者)を乗せて神戸港から横浜港へ。ここで東日本移民組が合流。総勢一五〇〇、六〇〇名の移住者を乗せて、貨客船「ぶらじる丸」は南米各国に向かった。 真冬の太平 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(99)2014年2月15日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(99) ニッケイ新聞 2014年2月15日 「はい、古川さんが『ボーズの件、どうなった?』と聞かれましたね。それを『因』つまり原因としましょう。あれをきっかけに喧嘩にまでなりました。あれは『あいつはボーズの件を取材したくてたまらないのだ』とジョージさんが勝手に決めた『縁』で喧嘩に発展 […]
  • コラム オーリャ!2005年12月9日 コラム オーリャ!  ある文協評議員と話したおり、十七日の創立五十周式典の話題に。招待状が届いてないという。  経費や人員制限の問題で、会費未払いの評議員には招待状を出さないことが実行委員会で決議されたようだ。聞けば、未払いの評議員はごく少数らしい。 […]
  • またリオ市でテロ=麻薬組織暴れ3人死亡2003年4月10日 またリオ市でテロ=麻薬組織暴れ3人死亡 4月10日(木) […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第89回2013年6月29日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第89回 ニッケイ新聞 2013年6月6日 「おばあちゃんは日本人なんだから、日本にいればいい。でも、俺たちは韓国へ帰ろう。ここは俺たちの国ではない。韓国人から石を投げられてもそれは仕方ない。それはオカエシだからがまんするしかない」  中学生の幸一が言った。 […]