ホーム | 日系社会ニュース | 「トライーラ」=謝恩サービス

「トライーラ」=謝恩サービス

2007年5月18日付け

 川魚専門店「Rancho da TRAIRA」が、創業してから三年目を迎え、二十一日、名物のトライーラを無料でふるまう謝恩サービスを行う。
 同店が出来たのは二年前。メニューも少しずつ増え、パク、チラピア(刺身)、ピラニア(スープ)などが用意されている。ドーノの坂口功治さんは「日系人も多いけど、非日系に大繁盛。あれだけの人が魚好きとは知らなかった」と驚きを話した。
 二十一日は、小骨を処理したトライーラ(大人二、三人分)が無料。他メニューは通常料金。坂口さんは「コロニアのみなさんもぜひ」と来店を呼びかけている。営業時間=正午から午後三時、午後六時から十一時。住所=Rua Machado de Assis, 556-Vila Mariana Sao Paulo。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 採用試験で50キロのセメント担ぐ=気分悪くなる女性が続出2013年8月13日 採用試験で50キロのセメント担ぐ=気分悪くなる女性が続出 ニッケイ新聞 2013年8月13日  サンパウロ州タンバウ市で11日、一般作業員の採用試験が行われ、男女合わせて100人以上の候補者が集まったが、実技試験の一つに50キロ入りのセメントの袋を抱えて60メートル運ぶという項目があり、女性候補者の中には具合が悪くなったりする人も出た […]
  • 東西南北2015年6月16日 東西南北  14日、サッカーのセレソンはコッパ・アメリカのグループ・リーグ第1戦の対ペルー戦で先制点を許すなど苦しんだが、2―1で勝利をもぎとった。この日は、オスカール欠場でゲームメーカー役を期待されているフィリペ・コウチーニョが怪我で欠場し、慣れない布陣での戦いとなったが、エースの […]
  • テンポロン保健相=CPMF復活で奔走=新型インフルで財源確保2009年8月22日 テンポロン保健相=CPMF復活で奔走=新型インフルで財源確保 ニッケイ新聞 2009年8月22日付け […]
  • サンパウロ市美化計画=電子店が立ち退き=サンタエフィジェニア街を接収2009年3月19日 サンパウロ市美化計画=電子店が立ち退き=サンタエフィジェニア街を接収 ニッケイ新聞 2009年3月19日付け  サンパウロ市議会は十七日、コンピューターなどの部品で御馴染みのサンタエフィジェニア街を含むルース区の接収を賛成五票、反対四票で決定と十八日付けジアリオ・デ・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • コラム オーリャ!2009年1月29日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年1月29日付け  大学入試の結果などを見ると、受験生だった娘には、結果以前にその努力を誉めてやろうと思ったことなどを思い出す。  と同時に、知識や情報集積に偏らず、先人の知恵や生き様に学ぶことの大切さも思う。 […]