ホーム | 日系社会ニュース | 〃ごみゼロ〃のサンパウロ市めざす=大阪市をモデルに=JICAプロジェクト=家庭での分別から始める=Mボイ・ミリンなどで

〃ごみゼロ〃のサンパウロ市めざす=大阪市をモデルに=JICAプロジェクト=家庭での分別から始める=Mボイ・ミリンなどで

2007年5月26日付け

 大阪市をモデルに、サンパウロで〃ごみゼロ〃を進めよう――。JICAが進めている、固形廃棄物を中心とした環境教育・社会啓発プロジェクト「MENOS LIXO、MAIS VIDA(ごみを少なくし、やさしい生活)」の、第一回社会啓発セミナーが、二十三日、バネスパ・スポーツ・クラブで開催された。対象地域人口四十七万人、対象生徒数一万七千人の同プロジェクトは、サンパウロ市と姉妹都市提携をしている大阪市の協力を得て、サンパウロ市エメボイ・ミリン区とカペラ・ド・ソコーロ区で「家庭ごみの3R(削減、再利用、再資源化)」を進めようというもの。教員や行政区関係者など、約百三十人が参加し、日本からの専門家三人を招いて、サンパウロ市のごみ回収の現状やプロジェクトの概要が説明された。
 サンパウロ市で一日に排出されるごみの量は、約一万六千トン。そのうち、分別されているものは、一%にも満たない〇・五六%のみだ。同市では、ごみの回収に三千八百人が、清掃に九千五百人が働いており、年間九億レアルがその事業に費やされているという。これまで使用されてきた六カ所の埋立地は全ていっぱいになり、現在は他の三カ所が稼動している状況だ。
 ごみの取り扱いを担当しているサンパウロ市サービス局のディマス・ラマーリョ局長は、開会あいさつで「ごみを道に捨てることについて、誰も意識していない。ごみについて、どう減らし、どう教育していくか。環境教育を扱うこのプロジェクトは、まさに基礎にあたる」とその意義を称えた。
 プロジェクトを中心となって実施するのは、区に設けられた都市清掃部(略して、LIMPURB)。
 対象となる十二万八千世帯にパンフレットを配布し、家庭ごみの分別を呼びかける。カタドールらの収集品が集まる分別センターでまとめ、ごみの資源化を行う。また、地域にある三十四校の学校で環境についての講義を行い、教師用教材も作成する予定だ。
 JICA専門家としてプロジェクトを担当している後藤孝志さんは「サンパウロのごみ処理は進んでいるほう」。ごみの回収をきちんとできない国があることを例にあげつつ、「ブラジルは次の段階(3R)に進まなくてはいけない。すぐに結果がでるものではないが、分別はこういうものだと住民が知り、そのシステムを動かせる人材をつくることができればいい」。
 今年一月末から八人の行政関係者が訪日し、一カ月間、大阪市のごみ回収、資源化システムを学んだ。現在、日本から三人の専門家が来伯して対象地域の現状に対して助言。七月には再び、別の関係者八人が日本へ向かう。後藤さんは「プロジェクト終了後も、サンパウロ市と大阪市が互いに協力して続けていってもらいたい」と期待を語った。
 セミナーでは、大阪市環境事業局の三原眞係長が同市での社会啓発の取り組みについて紹介。四百万人の人口を抱える大阪市では七百億円(一般予算の四%)をかけ、ごみ処理や啓発活動に努めているという。
 高柳建二専門家も、日本の教育課程では、地理や家庭科、社会、理科など様々な教科で環境教育がなされていることを説明し、来場者らは熱心に聞き入っていた。
 カタドールらが集うコーポラチーバ・ユニオンのペドロ・ゴメス・ダ・シルバ会長は「日本の経験を持ってきてくれるのだからプロジェクトは興味深い。よく知るために参加した」と笑顔で話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 愛知県人会=創立60周年盛大に祝う=大村知事ら慶祝団21人来伯=エレベーター着工式、会館改装も2018年9月12日 愛知県人会=創立60周年盛大に祝う=大村知事ら慶祝団21人来伯=エレベーター着工式、会館改装も  ブラジル愛知県人会(沢田功会長)は「創立60周年記念式典」を9日、サンパウロ市内の同会館で開催した。母県からは大村秀章県知事、松川浩明県議会議長ら21人の慶祝団が参列。ロンドリーナ支部など遠方からも会員や家族ら300人以上が駆けつけ、節目の年を盛大に祝した。  式典 […]
  • 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん2018年9月1日 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん  平成30(2018)年度の外務大臣表彰では、日本側でもブラジル関係者2人が受賞している。表彰式は7月24日に東京の飯倉公館で行なわれ、河野太郎外務大臣より表彰状と副賞の正絹風呂敷が贈られた。  タカラベルモント株式会社の会長兼社長の吉川秀隆さんの受賞理由は、「日本と […]
  • 大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」2018年8月8日 大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に行なった『ポルトガル語スピーチコンテスト』で優勝した外山朝陽さん(17、愛知県豊橋市)と同協会の粟嶋裕さんが7月25日に来社した。  同協会は同コンテスト優勝者を毎年ブラジルに派遣している。外山さんは24日にブラジ […]