ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 汚職で年15億レアルの損失=過去10年間で一向に減少せず

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]
  • 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃2018年10月2日 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃  「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」――ベストセラー『バカの壁』(2003年、養老孟司著、新潮社)には、そう書かれている。帯には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、広告には「バカの壁は誰にでもある」という […]
  • JHサンパウロ=ロボットが問う「人とは何か」=専門家、石黒浩氏が講演=未来社会のあり方問う=200人超、立見客ぎっしり2018年3月27日 JHサンパウロ=ロボットが問う「人とは何か」=専門家、石黒浩氏が講演=未来社会のあり方問う=200人超、立見客ぎっしり  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH)で17日午後、ロボット工学者の石黒浩氏(54、滋賀県)による講演『ロボットと未来社会』が行われた。講演ではブラジルにも2、30年後に訪れると予測しているロボットが社会を支える「ロボット社会」について説明、ロボットを通じ「人とはなに […]
  • ベネズエラ人の難民申請急増=既に昨年の総数の倍を超す2017年5月9日 ベネズエラ人の難民申請急増=既に昨年の総数の倍を超す  深刻な経済危機や種々の抑圧、暴力行為の増加などを受け、国外に逃れようとするベネズエラ人が増えており、ブラジルでの難民申請数も急激に伸びている。  ベネズエラ人が好むのはパナマ、エクアドル、チリとされるが、ブラジルも希望国の一つである事は、5月2日までの難民申請数が8231件 […]
  • 統一選挙で変わるかブラジル=新人ドリア登場で見えた一条の光=駒形 秀雄2016年10月7日 統一選挙で変わるかブラジル=新人ドリア登場で見えた一条の光=駒形 秀雄  「暑いですね」「いや、また寒くなりましたね」こんな事を言っているうちに9月も過ぎ、10月2日ブラジル全土で統一地方選挙が行われました。  この選挙は私達の市町村の首長や議員を選ぶ身近な行事なのですが、あまり大きな話題にもならず、いつの間にか始まり、そして終わったという感 […]