ホーム | 日系社会ニュース | 文化福祉活動強化へ=文協青年部10周年の誓い

文化福祉活動強化へ=文協青年部10周年の誓い

2007年5月29日付け

 ブラジル日本文化福祉協会青年委員会(文協青年部、栗田クラウジオ委員長)の「十周年記念祝賀会」が、二十六日午後七時から、同ビル貴賓室で行われた。
 開式のはじめ、日本国国歌が流れたあと、ブラジル国歌が会場中に響きわたり、出席者、来場者が斉唱した。
 青年部は九七年の設立から、今年で十周年を迎える節目の年。式には、上原幸啓会長、飯星ワルテル連邦下院議員、神谷牛太郎サンパウロ市市議会議員、秀島マルセロ初代委員長をはじめ、文協、日系団体関係者など約百人が出席し、祝った。
 上原会長は「青年文協をはじめ、若い世代の人たちが主体になって、福祉やボランティア活動に活躍していることは誇りに思う。青年文協は、サンパウロだけでなく、ブラジル全土に活動をアピールしたい」とあいさつ。
 栗田委員長は「結成してから十年。先輩たちが積み重ねたものを、若い世代の者がより一層発展させ、貢献していきたい。そして、両親、祖父母がブラジルで守ってきた日本の文化を伝えていくことが必要である」と抱負を述べた。
 開会あいさつ後、同部の結成当時からの活動の様子の映像が公開され、十年前を振り返る。
 文協青年部は九七年二月二十六日、秀島さんを初代部長に、五十五人の会員で発足した。十年前より、イベントも増え、活動は以前よりも多くなった。
 現在の会員は約百人。文化、福祉、スポーツなどイベント、各種行事の運営、参加のほか、ASEBEX、ABEUNI、青年会議所などの青年団体、各地の日系団体青年会との交流を進めている。
 主な活動としては、文化まつり、慈善バザー、桜まつりなど、文協の主催行事に加え、国士館スポーツセンターで開かれる日系団体青年リーダー会議、宮城県人会の七夕祭り、憩の園バザー、希望の家緑の祭典への参加など、幅広い活動を行なっている。
 今後の活動で心がけることは、一、今以上に福祉活動に力を入れること。二、若い人たちを集め、みんなで一つとなり活動すること。三、日本文化をブラジル国内に広範囲に広めること。四、人間形成をする。の四つを目標とする。
 移民百周年に向けては、活動計画をしているが、具体的な内容はまだ決まっていない。
 第六期目の委員長を務めた宮崎マウリシオさんが在任中、北海道青年部と一緒に、YOSAKOIソーランを踊り、テレビにもとりあげられたこともある。
 木多喜八郎希望の家理事長は「福祉活動に力を入れている青年文協は、希望の家に大いに役立っている。今後もお互い力を合わせていい関係を続けていきたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]