ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年5月31日付け

 野党のカミソリCPI(議会調査委員会)設置運動が始まった。報道陣を集めた説明会に連立党のコスタ下議(国家動員党=PMN)が通りかかり捕まった。同下議は登院し、幹部党員に報告した。
コ「良い報告と悪い報告があります」
幹「悪い方から言え」
コ「いま捕まって、カミソリCPI推薦書にサインを強制されました」
幹「バカッタレ。良い報告は言わなくてよい」
コ「あー、そのサインを取り消してきたのに」。
     ◎
 朝起きたら、見知らぬ男が素っ裸で横たわり、警官が取り囲んでいた―。サンパウロ市西部ジャルジン・ボンフィグリオリ区の情報関係の会社を二十九日早朝に襲い、ピックアップトラックを盗んで逃走した犯人が住宅に忍び込み、ベッドで寝ていた女性の横に裸で横たわり、部屋まで追跡してきた警官らに夫だと主張。女性が目覚めたのが運の尽きだった。
     ◎
 二十九日夜、サンパウロ市ピニェイロス区の交差点で二人組の男の強盗に遭った会計士の男性(45)がショッピングセンター、プラザ・スル(サンパウロ市南部サウーデ区)に連れて行かれ、一万七〇〇〇レアルの買い物を強要された。買わされたのはプラズマテレビ、パソコン、携帯電話から靴下や女性用サンダルまで。店の支配人が巨額の一括払いを怪しんで警察に通報。センターを出たところ二人は逮捕された。
     ◎
 サンタカタリーナ州パリャッソ市の砂浜で二十九日、タイーニャ(ボラ)二万八〇〇〇匹、総量五〇トンが水揚げされ、魚と見物客数百人らが浜を埋め尽くした。今回の水揚げ量は一九七七年以来過去最高という。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論2019年1月30日 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論  汚職撲滅に取り組む非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構・本部ベルリン、略称TI)が2018年の腐敗認識指数(CPI)を発表。ブラジルは汚職の少なさ(社会の透明性)が35ポイントと評価され、ランキングが低下。調査180カ国中、105位だった。 […]
  • 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす2018年2月22日 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす  国際的な非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(TI、本部ベルリン)が2017年の公的部門における汚職ランキングを発表した。ブラジルは調査対象180カ国中96位だった。  このランキングは上位になるほど腐敗していないことを示す。2016年のブラ […]
  • 中国・ブラジル貿易関係より深める=ブラジル製品輸入拡大で合意2017年11月30日 中国・ブラジル貿易関係より深める=ブラジル製品輸入拡大で合意  サンパウロで開かれ、ブラジルと中国双方の企業400社が参加した、ブラジル・中国セミナーで29日、中国がブラジル製品の輸入を拡大する協力協定に調印した。この協定は、中国貿易促進協議会(CCPIT)とビジネスリーダーグループ(Lide)との間で締結された。  CCPIT会長の陳 […]
  • 東西南北2017年11月30日 東西南北  JBSショックの仕掛人として、今年のブラジル・メディアをにぎわせた同社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者が28日、上院で行われた社会経済開発銀行(BNDES)の不正融資問題の議会調査委員会(CPI)と、上下両院合同のJBSの汚職問題のCPIに召喚された。9月の逮捕以後、久しぶり […]
  • 東西南北2017年11月22日 東西南北  本日付本頁で報じた新都市相候補のアレッシャンドレ・バウジー氏に、早速黒い噂が浮上している。20日付フォーリャ紙には、同氏は2011~12年頃に現地紙をにぎわせた連邦警察のモンテ・カルロ作戦の仕掛け人で賭博師のカルロス・カショエイラ被告と深いつながりがあり、犯罪にも関与していた […]