ホーム | 日系社会ニュース | サロンと美展、工芸を合同で=文協=「大総合美術展」10月に開催

サロンと美展、工芸を合同で=文協=「大総合美術展」10月に開催

2007年5月31日付け

 それぞれ長年の歴史を持つサロン文協、美展、工芸展が合同展示会「大総合美術展(GRANDE EXPOSICAO DE ARTE BUNKYO-2007)」を十月十一日から二十一日まで開く。協賛者が分散していることを受け、百周年を機に日系美術の力をアピールするきっかけにすることが狙い。
 各美術展は毎回、百五十点ほどの出品があり、今回合同で行なうことで約五百点の作品が展示される見込みだ。文協ビルの大サロン、貴賓室、会議室などが展示会場となり、十月十日のオープニングは大講堂で催される。
 文協の豊田豊(美術委員会)、川上久子(工芸小委員会)、小田エルザ(具象画小委員会)の三委員長が二十二日来社、多くの作品応募を呼びかけた。
 豊田さんは、企業の協力を呼びかけると共に、「これからも合同で開催していきたい」と話している。
◆応募要綱
 応募期間は七月三十日から八月三日まで。文協事務局に提出すること。イナウグラソンは十月十日に行なわれ、展示期間は同月十一日から二十一日まで。
 大賞(一点)は日本往復航空券と賞金一千レアル。金賞(三点)は国内往復航空券と賞金五百レアルのほかに、銀賞(六点)、銅賞(九点)、買い上げ賞などがある。
 詳しくは文協事務局(電話11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ