ホーム | 日系社会ニュース | ■記者の眼■―――柔道日本代表の情けない発言=マスコミは面白半分に報道

■記者の眼■―――柔道日本代表の情けない発言=マスコミは面白半分に報道

2007年6月7日付け

 九月に柔道の世界選手権がリオで開かれるにあたり、来伯予定の日本代表選手団が先日、東京で記者会見し、井上康生選手(29)は「国を変えてもらいたい。 ブラジルの日本大使館の方が〃無事の帰国を祈ってる〃と話していたと聞いた。試合以外は部屋にこもりたい」と嘆いた、とデイリースポーツ紙六日付けは報じた。「柔道ニッポンを軍隊が護衛」との見出しだった。
 他にスポーツニッポン紙も「選手団に生命の危機? 装甲車が護衛」との見出しで、井上選手の「はっきり言って、応援に来てほしいとは言いづらい」とのコメントが紹介されている。
 いい加減にしてほしい。来年百周年を迎えるにあたり、日本からの来賓を受け入れるために、どれだけいろいろな人が準備をしているのか、ほんの少しでも知っていたら、そんなことはいえないはずだ。言う選手も選手だが、いくらスポーツ紙とはいえ、おもしろ半分に記事にする新聞の責任も重い。
 ブラジル柔道連盟(CBJ)の広報部に問い合わせところ、「軍隊は出動しないよ」と一言のもとに否定した。ルシオ・マットス氏は「私もカリオカだからよく知ってるが、少なくともイベントの間は安全だ。そのために準備をしている」と保証する。会場とホテルをつなぐ特別バスにもパトカーの先導を付けるなど、「敢えて危険地域に近づかない限り問題ない」と強調する。
 七月のパンアメリカン大会と同じ施設を使う関係から、九月十三日から三日間行われる選手権の警備は、パンと同レベルとなる。つまり、州警に加えてフォルサ・ナショナル(国家治安部隊)も出動し、治安維持に当たる。これを直訳して「国軍」とした誤解があったのかもしれない。この部隊は〇四年に創設された各州警のエリートを集めて編成した特殊部隊で、軍隊とは明らかに異なる。
 選手権まで百日を切って準備に忙しい同柔道連盟。百十カ国から代表選手六百人が集まることを想定している。「過去最大の大会にしたい」との意気込みが伝わってくる。「去年五月、野村も見にきて気に入っていたようだったが…」。
 ある日系柔道関係者も「こんな話がブラジル柔道連盟幹部に知れたら…。今まで日伯両国は良好な関係を築きあげてきたのに」と残念そうに語った。伯国の柔道人口は五十万人といわれ、日本、フランスに続いて世界第三位の柔道大国だ。
 十二のメダルをもたらし、昨年三月には「南米の講道館」と称されるオリンピック・アレーナを、日本政府の支援で完成したばかり。選手権にあわせて初めて『姿三四郎』ポ語訳が発売される。
 リオ州日伯文化体育連盟の鹿田明義理事長も「我々はそこに住んでるんだよ。あきらかに大げさすぎる。実際に外国人観光客がたくさん来てるのに。気を付ければ大丈夫」といぶかる。事実、連日の犯罪報道にも関わらず、リオには欧米などから六百万人もの外国人観光客が訪れている。
 同連盟では来年の百周年に向けて記念事業を準備しており、このような発言を憂いている。
 井上選手のコメントにあった〃ブラジルの大使館〃に問い合わせると、斎藤監督の視察に対応したのはリオ総領事館とのこと。直接対応にあたったリオの領事も、「強盗事件は多いとは言ったが〃無事の帰国を祈ってる〃という話は出なかった」と繰り返す。
 ブラジル経済報知の編集者、田村吾郎氏も「そういう発言は軽はずみ過ぎる。百周年の足止めになると困る」と憤りをみせる。同氏の調べでは移民八十周年には三千人が日本から訪れたという。来年はそれ以上に違いない。
 ブラジルで柔道がどれだけ愛好され、それを広めるために日本移民がどんなに貢献してきたか。
 昨年五月、日本選手代表団が来たおり、斎藤仁監督は聖市の日本移民史料館に展示された柔道着を見て「これには正直鳥肌がたちました。ほんとうに泣きそうになり、私は自然と手をあわせました」と言ったはずではなかったか。
 井上選手の発言は、ブラジルが国の威信をかけて誘致した国際スポーツ大会に、開始前からケチを付ける行為に等しい。国際大会にはそれぞれのお国事情が反映されるのは当然であり、国を代表する選手なら、相手国に関する理解も必要ではなかろうか。
 代表選手を選ぶ時に、体力や技だけでなく、国際理解度の方も審査対象にしてほしいものだ。            (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ