ホーム | カリオカ 関連記事

カリオカ 関連記事

《ブラジル》7月中旬から8月中旬までのインフレ率は0・08%=「輸送」「衣類」「食料」「保健」ではデフレ

 ブラジル地理統計院(IBGE)が22日、8月のIPCA―15(7月中旬から8月中旬までの1カ月の広範囲消費者物価指数)が0・08%だったと発表した。  今年7月の0・09%よりは0・01%ポイント(P)、前年同月(2018年8月)の0・13%よりは0・05%Pダウンした。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ...

続きを読む »

ニッケイ新聞 63回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄誉=元伯国代表サッカー選手も=聖市議会で9日に授賞式

 伝統あるニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が9日夜、聖市議会の貴賓室で行われる。戦後、勝ち負け抗争で荒れた日系社会の世相を、日系スポーツ界振興を通して親和を図ることを目的に始まったのが、日系社会最古のこのスポーツ賞だ。今回はコロニア、ブラジル社会で指導者や選手として競技の振興や普及に尽力した功労者25人 ...

続きを読む »

《ブラジル》経済防衛行政審議会が新たなカルテルの捜査開始=14年W杯の競技場建設で=ペトロブラスの建物も?

コパ・アメリカの決勝戦でも使われたマラカナン・スタジアム(ウィキペディア)  経済防衛行政審議会(Cade)が17日、2014年のW杯にまつわる競技場建設やペトロブラスの施設建設で組まれたカルテルに関する捜査を始めた事を明らかにしたと同日付現地紙サイトが報じた。  カルテルとは、複数の企業が連絡を取り合い、本来なら各企業が各自で ...

続きを読む »

《ブラジル》4月のインフレは0・57%=「健康」「交通」「食費」の影響大きく

 ブラジル地理統計院(IBGE)は10日、4月の広範囲消費者物価指数(IPCA、政府公式のインフレ率)が前月比0・57%だったと発表した。  この結果は3月の0・75%よりは低かったが、昨年4月の0・22%よりも高い。4月の値としては3年前の0・61%に次ぐ高さだ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイ ...

続きを読む »

2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で

昨年出場した時のメンバーらと観客の記念写真

 昨年日本人で初めてリオのカーニバルの公式プログラムに参加した、東京都を拠点に活動するサンバチーム「ケール・スウィンガール・ヴェン・プラ・カ」(以下QSVPC、宮澤摩周代表)。今年も3月3日午前11時から、リオ市ヴィラ・イザベル区のバラォン・デ・ドゥルモンド広場で路上パレードを行う。  2005年から作曲家で打楽器奏者のメストリ ...

続きを読む »

《ブラジル》1月インフレ率は0.32%=政府目標の範囲内で推移

景気や雇用の回復が遅れていることが、低インフレにつながっている。(参考画像・Ag. Brasil)

景気や雇用の回復が遅れていることが、低インフレにつながっている。(参考画像・Ag. Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)は8日、19年1月の広範囲消費者指数(IPCA・公式インフレ率)が0・32%だったと発表した。9日付現地各紙が報じている。  咋年2月から今年1月までの12カ月累積インフレ率は、3・78%となり、一 ...

続きを読む »

第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも

ひまわり太鼓によるショー

 日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ4万4千人(入場料20レアル)が来場し、日本文化のワークショ ...

続きを読む »

リオ祭り本日開幕、27日まで=コパカバーナに長崎龍踊りが出現?

プレイベントでカリオカを魅了した龍踊り(提供・長崎県人会)

 GLイベンツとTASAイベンツ共催「第2回リオ祭り」が25~27日まで、リオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオン(Av. Salvador Allende, 6555 – Barra da Tijuca, Rio de Janeiro, RJ)で開催される。25日は午後5時から10時まで。26、27日は午前 ...

続きを読む »

《ブラジル》カリオカも眞子さまファンに=リオ協会で日系人が大歓迎=「シンパチカで素敵な方」

眞子さまに花束を贈るユゲ姉妹

 【続報、リオ発=國分雪月記者】リオ市に18日午前に着いた眞子さまは午後、リオ植物園で天皇皇后両陛下が皇太子夫妻時代の1967年に植樹したパウ・ブラジルから育てられた苗木を記念植樹し、その後コルコヴァードに向かった。  コルコヴァードの丘ではリオ大司教区のセルジオ・コスタ・コウト神父からキリスト像やリオ市についての説明を受けた。 ...

続きを読む »

提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《6》

ASEBEX(日本留学生研修員ブラジルOB会)主催の「KOSHUKAI(講習会)」の様子

「少なくとも5年毎に母県からミッションを派遣してもらうこと」  県人会はいつまでも母県との繋がりを大切にしなければならないことは当然である。そのため毎年でも県知事等幹部の来伯を要望したいところである。  しかしながら、県の財政事情もあるので、せめて県人会創設時からみて5年毎の節目の際には、県からの来伯を強く進言し、実行に移しても ...

続きを読む »